◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「( ^ω^)ブーンがアルファベットを武器に戦うようです」について振り返ります。その3です。


自分はどちらかというと、ストーリーからキャラを作っていくことが多いタイプです。
アルファのおいても大抵はそうで、概ねストーリーを考えてから展開にキャラを当てはめていっています。

ただ、少しだけ例外があって、ドクオだけは「こうしたい」と考えて、それに沿うよう大筋を作った部分があります。

ブーンの親友として登場し、守りが得意な将として頭角を現す。
しかし本人は攻めが好きで、それが災いして危機に陥り、最後はオオカミの大将に討たれる。

ここまではかなり早い段階から決めていました。
同時に、オオカミの大将をミルナとすることもこのときに決まりました。
第58話の「頼むからこっち見るな」の展開がやりたかったからですね。

初期段階でドクオの生涯を決めたことで、中盤のマリミテ城戦、オリンシス城戦などの展開もぼんやり決まっていきました。
最初はブーンを活躍させ、途中からドクオも並び立つようになり、中盤はむしろドクオをメインに据えるというのも初期からの構想どおりです。

ここで第1話~第60話くらいまでの大筋が曖昧ながらも固まっていきましたが、自分のなかにすっきりしない部分が残ります。
それは、「せっかく自分で一からストーリーを作り上げるんだから、最初から伏線を張って、それを面白いと思える展開に繋げたい」という思いです。

ストーリーを作る上での最低限は、「自分が面白いと思える話を作ること」です。
ドクオのことを決めた段階では、まだ自分で面白いと思える話になっていませんでした。

どうすれば面白くなるのか考えたときに、まず展開に抑揚をつけることを重要視しました。
それを実現するためには、他国との戦いだけではなく、国内での紛争もあれば話が作りやすいんじゃないか、と考えました。

これがヴィップを東西に分けた理由です。

ですが、実はヴィップを東西に分割したのはもう一つ理由があります。
これは、自分が過去の作品の反省を活かし、アルファを通して描く重要なテーマになる予定でした。
しかし途中で思惑が頓挫し、結果的にはちょっと上手くいかなかったな、と後で省みることになる部分でした。

次回は、その東西に分けたもう一つの理由について書こうと思います。


 その4へ




追記を閉じる▲


自分はどちらかというと、ストーリーからキャラを作っていくことが多いタイプです。
アルファのおいても大抵はそうで、概ねストーリーを考えてから展開にキャラを当てはめていっています。

ただ、少しだけ例外があって、ドクオだけは「こうしたい」と考えて、それに沿うよう大筋を作った部分があります。

ブーンの親友として登場し、守りが得意な将として頭角を現す。
しかし本人は攻めが好きで、それが災いして危機に陥り、最後はオオカミの大将に討たれる。

ここまではかなり早い段階から決めていました。
同時に、オオカミの大将をミルナとすることもこのときに決まりました。
第58話の「頼むからこっち見るな」の展開がやりたかったからですね。

初期段階でドクオの生涯を決めたことで、中盤のマリミテ城戦、オリンシス城戦などの展開もぼんやり決まっていきました。
最初はブーンを活躍させ、途中からドクオも並び立つようになり、中盤はむしろドクオをメインに据えるというのも初期からの構想どおりです。

ここで第1話~第60話くらいまでの大筋が曖昧ながらも固まっていきましたが、自分のなかにすっきりしない部分が残ります。
それは、「せっかく自分で一からストーリーを作り上げるんだから、最初から伏線を張って、それを面白いと思える展開に繋げたい」という思いです。

ストーリーを作る上での最低限は、「自分が面白いと思える話を作ること」です。
ドクオのことを決めた段階では、まだ自分で面白いと思える話になっていませんでした。

どうすれば面白くなるのか考えたときに、まず展開に抑揚をつけることを重要視しました。
それを実現するためには、他国との戦いだけではなく、国内での紛争もあれば話が作りやすいんじゃないか、と考えました。

これがヴィップを東西に分けた理由です。

ですが、実はヴィップを東西に分割したのはもう一つ理由があります。
これは、自分が過去の作品の反省を活かし、アルファを通して描く重要なテーマになる予定でした。
しかし途中で思惑が頓挫し、結果的にはちょっと上手くいかなかったな、と後で省みることになる部分でした。

次回は、その東西に分けたもう一つの理由について書こうと思います。


 その4へ



【2012/03/10 22:05】 | 自己作品について
トラックバック(0) |


名無しさん
ドクオだったか

伏線回収の見事さと、あれは伏線だったのかと後から気づかされる驚きはアルファの大きな大きな魅力だと思う


名無しさん
自分が楽しめなければ良い作品はできないからな
何にも縛られず、自分が好きな物を好きに書けば良いと思うぜ


名無しさん
作品の雰囲気を崩さずに、顔文字のネタを随所に取り入れていたのがすごく魅力的でした


名無しさん
まさかこの後書きが全部終わるまで五年かかるとはこの時、誰も思っていなかった


ななし
作者の意図…散々悶えさせられた身としては感慨深くさえあるww

こういうの読ませて頂けるのとても楽しいです
究極のネタばらしの続き楽しみにしてます


名無しさん
続きマダー


名無しさん
練りに練って考え抜かれた話だなーと心底感心しながら読んでたけど、
それでも思惑どおりにいかなかった部分もあるんだな
その4が楽しみだ

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ドクオだったか

伏線回収の見事さと、あれは伏線だったのかと後から気づかされる驚きはアルファの大きな大きな魅力だと思う
2012/03/11(Sun) 06:04 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
自分が楽しめなければ良い作品はできないからな
何にも縛られず、自分が好きな物を好きに書けば良いと思うぜ
2012/03/12(Mon) 03:21 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
作品の雰囲気を崩さずに、顔文字のネタを随所に取り入れていたのがすごく魅力的でした
2012/03/13(Tue) 01:09 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
まさかこの後書きが全部終わるまで五年かかるとはこの時、誰も思っていなかった
2012/03/19(Mon) 17:36 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
作者の意図…散々悶えさせられた身としては感慨深くさえあるww

こういうの読ませて頂けるのとても楽しいです
究極のネタばらしの続き楽しみにしてます
2012/03/20(Tue) 03:38 | URL  | ななし #-[ 編集]
続きマダー
2012/03/26(Mon) 13:29 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
練りに練って考え抜かれた話だなーと心底感心しながら読んでたけど、
それでも思惑どおりにいかなかった部分もあるんだな
その4が楽しみだ
2012/03/27(Tue) 14:23 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。