◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回はギコについてです。


超古参なAAで、「ゴルァ」や「ギコハハハ」などの口癖から、
けっこう粗暴なイメージが強いんではないかと思います。

ブーン系での使われ方は非常に多種多様で、上記のような荒っぽいキャラもいれば、
コミカルな役目だったり、ただのイケメンだったりもしている感じです。
ただ、比重としてはやはり、少し口の悪いキャラが多いのかなという印象ですね。

自分のなかではあまり固まったイメージはなく、けっこう自由に動いてもらっている感じです。
ひとつだけ確実に守っているのは、誰かとくっつけるならしぃ、っていう点ですね。
これはブーン系全体を見てもその傾向が非常に強いと思います。というより、他のキャラとくっつくところはほとんど見たことありません。

ぶっきらぼうな感じで、荒々しさもあるけれど、恋人に対する優しさも持っている。
ざっくりでまとめると、そんなギコが多いように思います。


自分の作品を振り返ってみると、まず運命の一戦では端役といっていい役どころでした。
ただ、書いたのは少しだけですが、自分のなかではごく普通のギコを書いた、という感じです。

次に準主役だった時計の針では、優しさのほうが全面に出たキャラでした。
何度かこのブログでも書いたように、時計の針は当初ブーン系として書いた作品ではなかったため、
あまりギコらしいとは言えないかもしれないのですが、椎名を助ける場面での荒っぽさはギコらしさを求めて少し書き直した部分です。

アルファでは、トップの脇を固める万能なキャラとして登場させました。
ここでイケメン設定をしたがゆえに、今の自分には「ギコ=イケメン」というイメージがけっこうあります。
はっきり言うときははっきり言う、でも部下や嫁に対する優しさがあるという点で、
自分の作品のなかでは、一番ギコらしいキャラだったんじゃないかなと思います。

おまけで、三国志作品の涙では、完全にストーリーから作られたキャラで、
これはギコらしさという点に関しては今ひとつだったかなという反省があります。


割とどんな作品でも幅広く活躍してくれるキャラなので、
今後も頻繁に登場してもらうことになるんじゃないかな、と思っています。

ギコに関しては以上です。
次回はモララーにいきます。



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2012/09/11 01:02】 | キャライメージ
トラックバック(0) |


名無しさん
次も待ってるよ~



名無しさん
ここ数日でこの作品を知ったラストゆとりです
楽しみにしてます

コメントを閉じる▲
第7回はプギャーについてです


プギャーというAAは、ブーン系ではそれほどメジャーではないAAですが、
自分としては毎回使いたくなるAAです

他作品を見てみると、ほとんどが脇役として起用されており、
主人公としてはあまり使われない傾向にあるようです
また、登場キャラの少ない作品で使われることもほとんどないみたいです

それは、やっぱりキャラが持つ固有性である「プギャー」という嘲笑によるものだと思います
あくまでも自分のイメージですが、やっぱり目に見えて性格の悪いキャラで、
しかも底が浅い感じがするので、しょぼい敵キャラとして使ったほうがしっくり来るからじゃないかなぁと思います

ブーン系は、シリアスな作品はどちらかというと少年誌的なノリを持ってると思うので、
相手を小馬鹿にするようなキャラはメインには据えにくいのかなという気がします
ギャグなら使いやすいキャラのような気がするのですが、やはりメインとしてはちょっと物足りない感もあります

ただ、やっぱり自分のなかではポケモンのプギャーのイメージが強く、
プギャーという仕草は勝ったときのキメポーズ程度で、基本的には真っすぐなイイヤツというイメージです
一方で、上述したような小物臭がするキャラというのも自分のなかにあって、それはアルファのプギャーが該当してます


自分の作品を振り返ってみると、まずはポケモン
これは最初に書いてた作者さんが作り上げてたキャラですが、
やっぱり基本的にはいいやつで、このイメージは自分のなかではかなり大きいです

序盤はギャグテイストでプギャーしまくってたんですが、中盤以降はあんまりやらなくなっちゃいました
ロケット団との戦いばかりになって、なんだかプギャーする雰囲気でもなかったためです
今にして思えばもうちょっとプギャーさせたほうが良かったかなぁと思います

運命の一戦では一切プギャーをしないキャラでした
不振に苦しむっていう基本設定があったためですね
そのへんは、今更ながら少し反省点ですが、イメージはポケモンのプギャーを踏襲しています

策略と時計の針には登場しないので割愛して、
アルファでは今までのプギャーとは違うキャラとして登場させました
詳しくは作品のネタバレを含みますが、プギャーのポーズを印象的に使いたかったためにあぁいう役どころになりました

あのシーンをアルファという作品のなかで演出しようとすると、
有能っていうのは厳しいところがあったので、
必然的に、という感じですね


自分としてはプギャーは使いやすくて好きなAAなので、
作品を書くうえでは是非とも登場させていきたいなと思っています

プギャーに関しては以上です
次回はギコにいきます



追記を閉じる▲

【2010/02/28 01:20】 | キャライメージ
トラックバック(0) |


名無しさん
プギャーは確かに、メインを張るのは味方としても敵としても少ないイメージですね。

嫌なやつと見せかけて実はいいやつとかな役も似合いそうです。

それと

>ポケモンでは今までのプギャーとは違うキャラとして登場させました

ここのポケモンはアルファの間違いですかね?



名無しさん
キャラに対するイメージの続きキター!
続き待ってました!ギコ編も楽しみにしてまつ


◆azwd/t2EpE
>>米1さん
ご指摘ありがとうございます、そのとおりでした
修正いたしました

「実はいいやつ」という役はハマリ役かなと思います
でも、それもあんまり見かけないので、
プギャー好きの自分としてはちょっと寂しい気持ちです
(単に自分の読む作品がたまたまそう、ってだけかも知れませんが……)

>>米2さん
不定期で間空きまくりで、ごめんなさい
のんびりまったりと更新していこうかなと思います


名無しさん
毎日チェックしてはや3ヶ月…

アルファのプギャが大好きです

でも、ポケモンのプギャはもっと好きです


名無しさん
どんなAAでも作者の腕次第でいくらでも魅力が出せる
ポケモンのプギャー見てるとそんな気がしてきますね
次はギコktkr!楽しみにしてます


名無しさん
プギャーがゲシュタルト崩壊した


たかし
いつかポケモンみたいなプギャー頼むよ

コメントを閉じる▲
第6回はジョルジュについてです


ジョルジュというキャラを使ったのは、
AA的にはポケモンが最初でした

ただ、後書きなどでも書きましたように、
自分のなかではジョルジュのつもりではなかったため、
実質的には運命の一戦が最初です

しかし、他のキャラのように、最初に使った印象が残っている、
というようなことはこのキャラに関してはありませんでした
そこらへんはしぃと一緒ですね

肝心のイメージですが、自分のなかでは、
物語において欠かせない存在として活躍しているような感じです

平たくいえば総じて有能であり、
キーパーソンとなりえる存在ですね
無能というイメージはあまりないキャラです

おっぱい好きという特徴がありますので、
単なるシリアスに終わらないキャラ性も持ってます
単独でメリハリがつくって点で作り手としては嬉しいキャラだと思います

間が抜けてるっていう性質を持って使われることも多いようなんですけど、
自分のなかにはアルファのイメージがあるので、
そこらへんはあまり感じたことないです

あとは、最近はほとんどないですけど、
昔はキャラの会話が行間なしで書かれることも多かったので、
そういった作品では使われにくかったような気がします
眉毛があるため必然的に二段になっちゃうから、ですね

自分も実はそこらへんがあまり好きではなくて、
だからアルファでは真剣味が増したときだけ眉毛をつけるようにしました


で、自作品でのジョルジュを振り返りますと……
ポケモンのあれはマ・チースだったので割愛して、
運命の一戦では関西弁を喋るキャラにしました

あれは当時、そういうジョルジュを見たことがなかったので、
他との差別化が図れるかなぁと思った結果ですね
ストーリー的には、有能ではありましたがそんなに目立ってはいなかったと思います
ただ、ジョルジュの特性を活かすことはできてたかな、とは思ってます

次は策略ですが、あの作品のジョルジュはかなりの端役で……
特に何も語れることがないので、アルファのジョルジュ
これはやはり、今の自分のイメージになりつつあります

アルファは話の全体を少し堅めにしてるので、はっちゃけはないですけど、
本当はもう少し軽いところがあってもいいのかなと思います
これは「アルファのジョルジュが」という意味ではないですけど

いずれまたジョルジュを使う機会があれば、
今度はそういった形にしたいかなぁと思ったりしてます


次回はプギャーにいきます



追記を閉じる▲

【2009/08/12 20:39】 | キャライメージ
トラックバック(0) |


名無しmobile
川;゜ -゜)「プギャーに順番負けただと…」

(;・∀・)「プギャーに順番負けただと…」

(,;゜Д゜)「プギャーに順番負けただと…」


m9(^Д^)9m「wwwwwww」


名無しさん
まさかのプギャーwww
アルファはアレだが、運命の一戦のはカッコよかったな


名無しさん
俺の中のジョルジュは頼れる兄貴分的存在かな
敵側にいる場合は幹部席にふんぞり返ってるイメージ

ポケモンのプギャーは良いキャラだったけど、アルファは最悪だったなw


名無しさん

アルファ投下待ってます!!


名無しさん
>真剣味が増したときだけ眉毛をつけるようにしました
なんかワロタw

たしかに無能なジョルジュってのは違和感が・・・


名無しさん
第三者のAA感は本当にためになる
がんばってください


名無しさん
真剣な時のみ、眉毛発動はナイスアイデアだと思います
むしろ、今では常時眉アリのジョルジュの方が違和感を感じてしまってますね
こうすることで、さらにジョルジュがカッコよく見えるんだなぁ…

テンプレ通りだと、基本はお調子者ですからね


名無しさん
以前、自称玄人たちが短編の投下中にジョルジュの眉毛を指摘し続けて鬱陶しい思いをしたことがあったなぁ


コメントを閉じる▲
第5回はしぃについてです


今までのキャラは総じて、
「ポケモンのときの印象が強い」という風に書きましたが、
このしぃに関しては例外です

それはやっぱり、ポケモンのしぃが例外的で、
女装してるスーっていうキャラだったから、ですね

運命の一戦でも男的なキャラで、
なんだか自分が使うしぃはかなり一般からズレてる気がしますが、
自分のなかのイメージを決定づけたのは、次作の策略のしぃです

この作品のしぃは思惑を抱えていますが、
そこはイメージ的にはどうでも良くって、
「性格も容姿もいい女キャラ」というのが大事な点です

クラスのアイドル的なキャラを描くのであれば、
自分としてはそれはしぃが真っ先に思い浮かんできます
ドクオから見て手が届かないような相手……にぴったりな感じですね

策略って話はまさにそれだったので、
しぃと組み合わせるならギコがお決まりパターンですが、
あえてしぃに頑張ってもらいました

メインとなった時計の針についてですが、
あれはアイドルスケーターのお話だったので、
やっぱり自分のなかではしぃ以外ありえなかった感じですね

ツンやクーはそれぞれ性格に特徴がありますが、
しぃはいい意味で「無個性」なイメージが自分のなかにはあります
ブーン系全体で見ても、使われ方は幅広いような感じですね

今では女AAが増えてきて、必然的に出番も少なくなってるような印象がありますが、
自分としては好きなキャラなので、今後も活躍してもらいたいなぁと思ってます


次回はジョルジュの予定です



追記を閉じる▲

【2009/05/31 16:16】 | キャライメージ
トラックバック(0) |


名無しさん
たしかにしぃは古参AAであるからこそ、
最近のキャラに押されてる感はありますね。

つん、でれ、クー、やる美色々いますけど
メインヒロインはしぃって感じがします。

2ch見始めたのが長編AA板の世界制服モララーの頃でしたから
その頃はモナー、ギコ、しぃ、マララー、モララーが主流でしたね。
なんとなく懐かしくもあり、寂しくもありますw

萌えの文化の定着もなく、属性の定義も曖昧だった時期のキャラ
だからこそ色んな方向に使えるのかなとも思います。
最近だとモナーのような古参AAもキャラ定着はしてますが…。
しぃやレモナなんかはまだ無個性が続くんではないですかね。

ともかくアルファベット楽しみにしてます。
頑張ってください!


◆azwd/t2EpE
そもそもブーン系では、古くは女キャラはツンしかいなくて、
一説にはしぃはポケモンで使われたのが最初とも言われています

その後、クーが使われるようになり、
総合でペニサスやミセリが作られ、少しずつ知名度を上げていき、
今ではつーやらヒートやらデレやらトソンやらが使われています

キャラが増えればやっぱり出番が減るのは当然なんですけど、
仰るとおり、少し寂しい気持ちがありますね

モナーとかギコとかモララーとかは、
今でもけっこう幅広い使われ方をしてる印象ですね
……って今ここで書くと後で書けなくなっちゃうんですけど……w

アルファのほうは、頑張ります

コメントを閉じる▲
第4回はショボンについてです


自分の認識では、ショボンというキャラは大きく分けると二種類あって、
一人称で分けると呼びやすいのでそうしますが、「僕ショボン」と「俺ショボン」です

「僕ショボン」は優しい口調で、面倒見が良くて、
空気を読むのも上手い……というような感じですかね
バーボンのイメージも「僕ショボン」だと思います

対する「俺ショボン」は、けっこう口調がきつくて、
でも才覚があって、頼られる存在、というようなイメージです
「ぶち殺すぞ」って言葉が出てくるのもこの感じですね

で、自分のなかのショボンについてですが、これは完全に「俺ショボン」です
今まで俺ショボンしか書いたことないです

これもやっぱり、ポケモンのショボンがそうだったから、っていうことですね
元は序盤にチラっと出ただけの、恐らく使い捨てキャラだったんですけど、
後でミュウの所持者として使うことになったので、そのときのキャラを守って書いてたら、
いつの間にかイメージが固定されてました

ブーン系全体でのショボンは大抵「僕ショボン」だと思います
自分がそれにしたことがないのは、無意識のうちにイメージに沿ったショボンを使ってたからですが、
今後は「僕ショボン」も使えたらいいかなと思ってます

あと、二つのタイプどちらにでも言えることですが、
シリアスものだとショボンは大抵けっこう優秀なキャラな気がします
ギャグだと変態とか子供じみたキャラになってることも多いような……ですけど

大雑把なイメージですが、だいたいこんな感じです


以上を踏まえて自分が使ったショボンを振り返ってみると……
と言ってももうおおよそ振り返っちゃったんですが、
ポケモンは特に優秀ってこともなく、重要と言えば重要なキャラですが、
割と微妙な位置づけで、特筆すべきことはない感じです

運命の一戦のショボンはブーンとタッグを組んで、
常にブーンを助けてやる立場だったので、自分のイメージに沿ったキャラですね
一度は試合をひっくり返すホームランも打ったので、攻守に活躍させられましたし

策略と時計の針、痴漢にはショボンはいなくて、
アルファのショボンについてですが……

これは色々と語れることが多すぎるので、ちょっと割愛します
アルファ完結後にまた色々、と思ってます
イメージ云々でいえば合致しているというか、今や自分のなかのショボンのイメージはアルファのショボンです

ショボンに関しては以上なので、
次回はしぃにいってみます



追記を閉じる▲

【2009/02/11 21:10】 | キャライメージ
トラックバック(0) |


名無しさん
( ><)( <●><●>)( ・∀・)( ´∀`)( ´_ゝ`)(´<_` )
\(^o^)/ ( ФωФ) 川 ゚ -゚)ノハ ゚⊿゚)「順番待ちだあぁぁぁ」


名無しさん
アルファのあとがきだけで一ヶ月分の日記が書けるのでは?


◆azwd/t2EpE
一ヶ月じゃ足りないかも……
完結したらいっぱい書きたいところです


名無しさん
俺のショボンイメージも、アルファの印象がすごく強いです
そして、とても好きです

他キャラの考察もこっそり楽しみにしてます


名無しさん
僕と俺…巧い分け型ですよね

作者さんの指摘どおり、ショボン=内気だけど優秀、という設定がセオリーなんですよね
そうじゃない場合は真逆の変態のアホとか…w

俺ショボンのように、不敵かつ自信家なんだけど驕ることはない
それでいてスペックが高いという、チート的存在のショボンって珍しいですよね

それにショボンって、何だかんだで『主人公側の陣営』にいるのがセオリーという先入観を
アルファでは裏切りという形で覆したのは感心しましたね
ショボンがラスボスになるんだ…って感じで


名無しさん
アルファのあとがきは下手な短編より長いだろうなw
だかそれも楽しみだ。



名無しさん
数あるネット小説の中で、アルファベットが一番好きになってしまった。何度も涙腺が弱くなった。
更新をまったりと期待してます。


名無しさん
読み返しても色あせないよな…
以前感動したとこでまた感動してるし(笑)


名無しさん
フィレンクトの場面は異常

コメントを閉じる▲
第3回はドクオです


自分のドクオに対するイメージですが、
これもやっぱりポケモンのイメージは強いですね

「他人から決して好印象を持たれない」
というのが根底にあります
モテないキャラというよりも自分のなかではそっちですね

ただ、自分のなかにあるイメージはそれくらいなので、
後の部分はけっこう自由に使ってる感じです

カッコわるいキャラがカッコイイことやるってのが好きなので、
自分のなかのドクオは、能力は高めに設定されてますね
これもあるいは、自分のなかのドクオのイメージかも知れません

そのまま自分の過去作品のドクオにも移りますが、
ポケモンのドクオは能力自体は高くない、むしろ低い部類です
最後は成長しますが、最初はヘタレそのものです

そのうえ人やポケモンにも嫌われるとあって、
今にして思えばズトなしでは成り立たないキャラだったのかも知れません
ただ、このドクオはお気に入りです

運命の一戦のドクオは好打者ですが、
やっぱりブサイクであんまり人に好印象を持たれるって感じではないキャラですね
人気があるのは成績がいいからです

主人公に据えた策略では、
ドクオがモテないってことがそもそもの始まりとなって話がスタートしてるので、
自分のなかではキャラを活かせたかなと思ってます

ただ、できればそのあとも、
モテないってことをキーにした展開が多少でも書ければよかったかなと思うのですが、
とりあえず自分のイメージどおりに書けてはいます

時計の針のドクオは……割愛します
痴漢のドクオもほぼ空気なので割愛します

アルファのドクオは、モテないって設定がほとんどなくて、
単に高能力な部分だけが残されて作られちゃったキャラなので、
そこらへん、イメージには沿ってないですね

これは、ドクオは誰よりも早く人生の進み方が決まったキャラだったので、
それに合わせてストーリーが作られた部分もあり、
結果的にキャラクターって部分が蔑ろになってしまったせいです

ただ、アルファはほとんどの女キャラがメインで絡んでこないので、
モテないって設定は厳しかったですね

ブーン系という場であることを考えるなら、むしろストーリーを変えるべきだったのかとも思いますが、
割と長い話なので一度筋を決めるとイジりにくいって面もあって、
兼ね合いが難しかったんだなぁと今は思います

ドクオに関しては以上です
次回はショボンにいってみます



追記を閉じる▲

【2009/01/17 18:41】 | キャライメージ
トラックバック(0) |

次の出番は…(´゜ω゜`) このショボン様さ!
名無しmobile
個人的には、アルファのドクオが一番人間臭さを感じますよ

親友の急成長に追いつこうと一生懸命鍛錬したり、酒呑んでテンション上がっちゃったり…そんなとこが人気の秘密なんだろうと思ったり


846
次回も楽しみにしてます!!
アルファベットのショボンはVIP時代には私財で孤児院とか経営してそう…


( ^ω^)
僕が一番好きなのはポケモンのドクオです!
あのオドオドしてたのがドクオの持ち味だと思いますね


名無しさん
痴漢のドクオ・・・?


名無しさん
アルファのドクオはニダーと共通する部分が多いかなと思ったり
決定的に違う点は『忍耐力』ですかね…ドクオは根が攻めだけど、ニダーは守り一貫だから

設定に関しては作者さんの言うように『風のように過ぎ去った』という印象ですかね
ただ、悪戦苦闘、試行錯誤している描写が鮮明に表現できていたので親近感は湧きます

ブーンやミルナは、そこらへんの描写が少ないのが残念なんですよね…
気づいたら、もうXだったり、Wだったりで…^^;


名無しさん
ドクオが活躍する話って何か気持ち悪い

コメントを閉じる▲
第2回はツンに対するイメージでいってみます


イメージというかなんというか、
やっぱりツンはツンデレなキャラです

ただ、その形態は作品によって大きく違って、
外にいるときはツンツンで、二人きりのときにデレデレ
あるいは、ツンツンしてた態度が徐々に軟化し、いずれデレデレになったりと、パターンが多様にあります

自分のイメージのなかのツンは、「期間型」です
これもやっぱり、ポケモンがそうであったからということですね
あれは98話かけて溜め込んだので、やっぱり思い入れってのもあります

ただ、ツンという存在をもっと還元していけば、
ツンであるときには厳しい態度を取って、厳しいことを言い、
デレであるときには優しい態度を取って、優しいことを言うと思います

大雑把に言えば、厳しさと優しさが混在しているキャラ
これが状況に応じて入れ替わるのか、期間に応じて変化するのか
そこらへんは作品次第で、ツンに多様性を与えている部分です

自分のイメージとしては、だいたいそんな感じです


で、今までの自分の作品を振り返ってみますと、
まずポケモンでは延々ツンツン状態で話を進めさせて、
最後の二話でデレに遷移しました

自分としては、引き継いだ時点で既にけっこうツンがキツめのキャラだったので、
それを継続させていたんですが、やっぱり最後にはデレっとさせたいな、と
そういう気持ちがあったので、あぁいう感じになりました

加えて、ポケモンをやってる途中で「ツンのキャラがキツすぎ」っていう意見をいただきまして、
それを軟化させてやりたいっていう気持ちもありました

ポケモンはブーンがお間抜けキャラでしたから、ストーリーを進めるためにも、メリハリのためにも、
ツンが鋭いキャラになるのは致し方ないことだったんですが、
気に入ってたキャラなので、好かれてないってのも悲しくて、やっぱ最後はデレに移行させるのがベストかな、という感じでした

若干脱線しましたが、次に運命の一戦
これはあんまりキャラづけってのをしてなくて、
出番も少ないですし、でも一応ツンデレってことなので、テンプレどおりのセリフだけはやっておきました

策略のツンは全然ツンデレしてなくて、
言ってしまえば他の誰かでも代用できちゃえるキャラで、
単に内藤の彼女として登場したに過ぎませんでした

時計の針のツンも言わずもがな、全然ツンデレしてません

つまり運命の一戦~時計の針までの短編では、
ツンは自分がイメージするツンに沿ってはいません

で、アルファのツンですが、これは久々にそこそこまともにツンデレしてるんですが、
デレに至るまでが短くて、かといってデレデレしまくるわけでもないので、
やや中途半端なキャラかなという思いもあります

とはいえ、アルファは作品の空気を割と大事にしてるので、
だいたいあんな感じかなぁという気も……

番外的に、痴漢のツン
これは「ツンデレである」ということが展開の根幹にありましたので、
設定そのものは使えているかなと思っています

まぁ、イメージに沿ってるかどうかっていうと、微妙なとこですが……
展開のためにキャラが作られたツンだったので、あんな感じになってます

つまるところ、ツンを使うのは難しいです
スタンダードな女性キャラですが、難易度で言えば素直シュールに次いで、クーと同等レベルだと思ってます



ツンに関しては以上です
次はドクオにいきます



追記を閉じる▲

【2008/12/06 23:40】 | キャライメージ
トラックバック(0) |


名無しさん
作者さんが抱いているツンデレは、ほぼ自分と一致しますね
厳しいときはツン、優しいときはデレ、と時と場合で使い分けるのがキャラを引き立たせる強みになりますよね
人によって采配に悩む属性かもしれませんが、使いこなせばものすごい個性を際立たせてくれます

ツンデレという言葉が流行る以前から、日本はツンデレというものを潜在的に容認していたと思う
自分が子供の頃に見ていた漫画やアニメでも

『これって、ツンデレ…だよな?』

って、思うことありますもん

管理人のみ閲覧できます
-



名無しmobile
    ∩
( '∀`)彡 ドックン! ドックン!
  ⊂彡


名無しさん
最初からハッピーエンドの映画なんて三分あれば終わっちゃうだろ


名無しさん
ポケモンのツンデレ凄い好きでした!

自分の中でこれぞまさにツンデレ!っていう感じで(*´∀`*)


名無しさん
痴漢のツンデレが最強


◆azwd/t2EpE
痴漢のツンに関することをご指摘いただいたので、追記しました

>>米1さん
二面性を持つってことは単独でメリハリをつけられるってことですから、
それは非常に大きいと思ってます
他方、メリハリのパターンがかなりマンネリ化しつつあるので、
作者としてはそれを打ち破ってかなきゃいけないんだろうなぁという気はしてます

>>米4さん
最初からハッピーなまま続いていくのが、多分ほのぼのなんじゃないかなと思ってます

>>米5さん
ありがとうございます
ポケモンが終わったあとは、けっこう好きだって言ってもらえたりして、
自分としては非常に嬉しい限りです


4
>>作者さん
レスありがとうございます。
米4はただのポップスの歌詞なんですが、ほのぼの系は最初からハッピーですね、確かに。
そして、逆にほのぼの系の漫画やらが映画になりにくい理由もわかったような気がします


名無しさん
既存のキャラ考察も楽しみですが作者さんのオリジナル?キャラのお話も知りたいです!!

コメントを閉じる▲
つらつらーっと書いてみようかなと思ってます
最初はやっぱりブーンから


言わずもがな主人公率ぶっちぎり1位のブーン
彼が主人公であるのはVIPの象徴的存在であるからだと思いますが、
それゆえに様々な役割をこなしてきたキャラです

個性がないと言えば恐らくはそのとおりです
ナチュラルにモテモテなドクオは批判の対象になることもあると思いますが、
ブーンがどのようなキャラであっても、「これは変」ってなコメントがつけられることはほとんどないでしょう

そんなブーンに対して自分が抱くイメージは、
やっぱり優しいキャラ、ですね

これは自分が初めて読んだブーン系、ポケモンのブーンがそうだったから、ってのが大きいです
多分、多くの人にとって「最初に読んだブーン系のキャラ」っていうのは影響大だと思いますが、
自分の場合はそれがポケモンでした

優しくてちょっと天然なブーン
これが自分のブーン像の根底にありつづけています


で、実際に今まで自分が書いてきたブーンですが……
運命の一戦のブーンは、とにかく大一番に登板するルーキーって設定が大きくて、
性格の特徴をあえて挙げるなら「プレッシャーと戦う心を持ってる」くらいですかね

優しいとか天然とかっていう特徴は特にありませんでした
設定が設定ですし、短編だったので、性格を描写したり、それを活かした展開を作ったりってのは難しかったですね
自分のイメージから外れたキャラではありませんでしたが、沿ったキャラかっていうとそれも微妙なとこですね

次は策略のブーンですが、これはメインキャラじゃないので難しいところですね
優しいキャラといえば、優しいキャラですが、自分のイメージする優しさからは若干ズレてます
ただ性格を還元していけばやっぱり優しさに辿り着くので、そこらへんにはやっぱりイメージってのがあるなぁと思います

次、時計の針ですが……これは単純に意外性だけを狙ったキャラだったので、飛ばします

アルファのブーンは、運命の一戦以降では一番ポケモンのブーンに近いですね
ただ、あんまり天然なキャラではないです
ここらへんは話全体の雰囲気にある程度合わせた形になってます

基本的に、自分が書くブーンは、
これからもやっぱ優しい部分が少なからずあるキャラになっていくんだろうなぁと思ってます
気弱さに落ちちゃうときもありますが、そこらへんを上手く調和させて書いていきたいなぁ、という感じです



ブーンに関しては以上です
次回はツンにいきます



追記を閉じる▲

【2008/11/30 22:55】 | キャライメージ
トラックバック(0) |


名無しさん
イタイ話だが、俺の三国志9にはアルファのブーンがいる…


VIPPERな名無しさん
最初に読んだやつの影響ってすごいあるよね。
別の作品読んだ時に違和感感じる時ある


桃対桜
ここ4日間アルファ読み直して久しぶり別の作品(カオス)を読んだら全然違和感を覚えなかったのもブーン系の良いとこだと思うんです( ><)


vip
ブーンは多種多様ですよねー
ツンwktkwktk

ブーンは何か根底に優しさがある事が多い気がする。歪むにしても何にしても。


名無しさん
AAからして優しそうなイメージですよな
元ネタの『いつか空も飛べるはず』ということが大きいのかも
突き詰めると『純粋』がピッタリきましたね、自分の場合ですけど

>>4の人も言っているように、時に歪むことがあっても、根底に純粋さがあるからかなぁって

違う作者の作品を例に挙げてしまうけど、刀匠のブーンはまさに純粋が相応しい
話が進むにつれて、狂気に染まっていくブーンは一見すれば悪そのものだけど
こういうブーンもあるのか、と斬新さを覚えたものでした

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。