◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうでもいいキャラの場合はテキトーなんですけど、
メインの場合はわりと名前に拘るタイプです
表題にもそれなりに

策略という話は顔文字ナシというスタイルを取ったため、
尚更細かい部分に気を配りました
そんなメイン二人の名前について


そんなに大層な理由を込めたわけではないのですが、
まずドクオの修哉には、『終夜』をかけてあります
結末を暗に表してるという感じですね

あとは最終的に猛勉強をして医者になるっていう展開なので、
『修』という字を使いました

しぃの由依は、わりとシンプルです
『由あって依る』という意味ですね
生きたいがゆえにドクオに依った、という、そういう感じです

あと誕生日の4月22日というのは、『死に』というのを表してます
ただ4月2日とすると安直すぎると思ったので、最後に2を足してあります


続いては各話タイトルの意味と各話詳細について

まず第1話の『Red』
これはドクオが飛び降り自殺するっていう策略があったので、
まぁ、血を連想するような感じのタイトルにしたくて
夕方の出来事なので、っていう理由もあります

この第1話、以前凄く満足していると書きましたが、一つだけ失敗があります
ドクオがしぃを意識した出来事、つまりしぃが電車でドクオに寄りかかったとき
手を握らせるのを忘れていました

後々にまで関わってくる部分なのですが、すっかり忘れていました
しぃが寝ぼけながら手を握ったっていうことにしておけば、あとでの内藤との出来事ももっとスムーズだったと思うんですが・・・
第10話のときには気付いていたんですが、後からではやはり矛盾が出ちゃうので初期状態を貫きました

続いて第2話の『Purple』
これは第1話のRedが移ろった、というニュアンスです
青が混じって紫になったっていう感じですね

第3話の『Green』は、緑という言葉は新鮮味を表すと聞いたので、そういう意味でつけました
ドクオにとって、しぃと一緒に過ごした一日は、新鮮そのものだったので
驚きとか、そういう未知的な部分も全てひっくるめて、新鮮な時間だったって感じです

第4話の『Orange』はそのままですね
しぃがこのとき着てた服の色です
最後、雨に濡れて色が暗くなったっていう部分を強調したかったので、オレンジにしました


第5話以降についてはまた次回にします

スポンサーサイト

【2007/10/27 17:50】 | 自己作品について
トラックバック(0) |


名無しさん
作品を知れば知るほど再読してしまう…
(´・ω・)恐ろしいブログっ!


名無しさん
なんか色々意味があってびっクリトリスだわ


クープラン
おおーVのレス数の真実とか、作品の
裏話は聞いてて凄い面白い


名無しさん
IQいくつっすか


名無しさん
スペック厨乙


名無しさん
はぁー・・・やっぱり物書きって行き当たりばったりじゃなくて
色々考えてらっしゃるんですねー。すごいっす。


名無しさん
>どうでもいいキャラの場合はテキトーなんですけど

アカサタナ=ハマヤラワのことか

コメントを閉じる▲
総合でよく
「プロローグや第1話だけ投下されたのに、なかなか長編化されない」
っていう現象があると思うんですが、
これは多分、最初だけ書いて満足しちゃうからじゃないかと思うんです

別に悪いことじゃないですし、設定や序盤の展開はポンポン浮かぶのに後が続かないってのは、
誰にでもよくあることだと思うんです
これはやっぱり、序盤だけで満足しちゃうからだと思います

策略はまさしくそれでした

例えばアルファの場合、開始前からずっと書きたかったのは第70話の内容でした
だからそれまでいくらでも頑張れました
でも策略は第1話にそれが来ちゃったので、後のモチベーションが思うように上がらなかったんです

ちょうど時期的に忙しかったってのも重なって、
第2話以降はスローダウン、特に終盤はかなり遅い更新になってしまいました

第1話には凄く満足しているのですが、それがかえって後の進行に影響を及ぼしちゃった形です


でももちろん始めた以上はちゃんと書かなきゃですし、最後までの構想は既に終わってたので、
続きをガリガリと書きました

まず最初はドクオの苦悩としぃの思惑と内藤の不穏さ
これらを絡めて話に抑揚をつけました
最終的には軸にもなる部分ですね

ドクオの気持ちがしぃへと傾いていき、
裏ではしぃの気持ちもかなりドクオへと傾きます
ここらへんは伏線を裏で進行させていくのが楽しかったです

しぃは思惑を達成しようとしますがドクオは別の部分でしぃを疑い、
話が動いていき、終盤へ向かいます
ここはハラハラ感とかドキドキ感とか、そういうのを出せたらなと思いながら書きました

本当はもうちょっと、しぃが「実はドクオのこと好きじゃないんじゃないか?」と、
読んで下さった方に思わせるような表現を5話か6話くらいで用いたかったのですが、
これは上手くいきませんでした、反省点です

終盤は伏線の回収と感情の処理、ダブルミーニングも必要なところは処理しました
完全ではないかもですが・・・
第10話の「日記で伏線回収」ってやり方は個人的には気に入ってます


大雑把にはこんな感じです

次回は、ドクオ(修哉)としぃ(由依)の名前の意味
そして各話につけられた色に込めた意味
収まりそうなら、各話の細かい部分についても触れてみようと思います


【2007/10/23 02:58】 | 自己作品について
トラックバック(0) |


◆azwd/t2EpE
ブログのほう全然更新せずですみません・・・;
時間を見つけて息抜きがてらこっちのほうも更新していく予定です

面白さ研究も書かなきゃですねー・・・


名無しさん
作者さん自身が自作品を振り返る、てのは珍しいし
おまえさんの作品が好きだから、このブログには楽しませてもらってる
ゆっくりでイインダヨー

お宅のカルリナくんを僕にください


名無しさん
ブログも現行も気長にのんびりwktkしておくよー


名無しさん
どうでもいいけどここ最近ラウンジの兵士が好きになってきた。こんな自分にうんざりだ。

作者は前にまだまだ書きたいものがたくさんあるって言ってた気がする、長編も上手いが作者は短編の方がもっと味が出てる気がする。
アルファは長い目で見守るつもりだが、もしもそれが終わったとき余裕があったら是非期待してるぜ。


◆azwd/t2EpE
最近自分もラウンジの兵、っていうかカルリナがいたくお気に入りです
一人称を表現してきたキャラ(ブーン・ミルナ・ヒッキー・カルリナ)はみんな好きなんですけどね

長編はもうアルファが最後かなと思ってます
モチベーション的にも、二ヶ月周期くらいで短編を書いていくのが自分には合ってる気がします
長いのを構想するのは好きなんですけど、やっぱ他の話を書きたい気持ちというのも少し出てきてしまうので

三つか四つくらい、終わりまで構想してある短編(策略くらいの長さ)のものがありますが、
もしそれらが終わってどうしようもない暇があったら、
今度は魔法モノの長編でもやろうかなとも考えてます

でもアルファでブーン系から離れるかも知れないですし、
やっぱり、今後のことは一切合財未定です


名無しさん
やりたいようにやるのが一番
個人的にはもっといろんな作品を読んでみたいな


名無しさん
小説もブログも締めがうますぐる


名無しさん
もし続けるなら俺は応援し続けるぜ!!1


名無しさん
アルファがやたら面白かったんでポケモンも読んでみた。
やっぱり面白かった。
策略も読んでみた。
これも面白かったし、泣けた。
他の作者のブーン小説もこんなに面白いのかと思っていくつか読んでみたけど
他のはあんまり面白くなかった・・・。
自分に上手くあってなかっただけかもしれないけど。

ブーン系小説は、貴方のが個人的には一番面白い気がします。
ぜひアルファが終わってもブーン系小説続けてくださいm(_ _)m

コメントを閉じる▲
この作品で、他の作品よりも上手くできたと思ってる点が二つあります
それがこの作品を気に入っている理由だったりもします

まず一つが起承転結のバランス
そしてもう一つがストーリーの出だしです


策略という作品は、第1話・第2話が『起』で、
第3話・第4話・第5話が『承』、
第6話・第7話・第8話が『転』、
そして第9話・第10話が『結』です

この2:3:3:2という比率が、自分のなかで気に入っています
自分は常にこの比率を理想として書いています

他の作品でもそうしようと思って全体のストーリーを構想するのですが、
書いているうちにどうしてもバランスは崩れちゃいます
完全に最初の構想通り書けるわけではないので

ただ策略という作品は、ほぼそれができました
細部では上手くいかなかった点もあるんですが、大きく見ればかなり構想に沿ってます
短編だったっていう理由もあるんですが、自分としては大変嬉しいことでした

全体から見たときに2:3:3:2にできた、というのがまず一点


そして次は『ストーリーの出だし』です
これは、告白してフラれて自殺しようと思ってたのに、何故かオッケーされちゃったという流れですね
第1話の内容です

あくまで自分的に、ですが、この流れが気に入ってます
嗜好的な話になるんですけど

基本的に、やっぱり作品を書くときに思うのは
『自分が読んで面白いと思えるものを』になるんですが、
この作品では、自分が面白いと思える出だしでスタートできました

他の作品でも『話の始め方』っていうのはそれなりに気を遣う部分なのですが、
策略はそのスタートが自分的に凄く気に入ってます


ただ、それも実はあまりいいことばかりではなくて、
策略という作品の進行にちょっと影響を及ぼしてしまった部分があります
次回はその影響とストーリーの流れについて


【2007/10/06 01:18】 | 自己作品について
トラックバック(0) |


名無しさん
1get

策略キタ―――!!


相変わらず話の締めがうまい。


名無しさん
ラストで不覚にも泣いた。


ξ゚ー゚)ξ
策略の始まり、すごいびっくりしました...
そしてラスト
本当になきました(´;ω;`)
トントンと、いいかんじに進んだと思ったら...
みたいな(´;ω;`)
すごいテンポ良くてよみやすかった印象があります!!


名無しさん
策略と関係ないんですが、ポケモンのサファリの地区名は何て読むんですか?


名無しさん
>>5

つgoo辞書
  ttp://dictionary.goo.ne.jp/index.html

このサイトで調べればイインダヨー
大抵のことは分かっちゃうよー
『病葉』は『わくらば』だったっけな?


>>2:3:3:2が理想

あるあるwww
でも1:4:3:2とかもありかななんて思っている俺モイル。


名無しさん
>>6
㌧クス

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。