◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有里がほとんど登場しなくなっちゃった後編について

ここはもうひたすらに、フィギュア一色ですね
大筋だけを見て言えば、試合をやるというただそれだけの話です

その中に色々と絡めて話は進行しまして、
まずは諦めの中の安穏から始まります

しぃがギコのことを諦めきれず、それでも理屈で何とか納得させようとしている、という
ここを書いてたとき、すっごく素早いペースで書けた覚えがあります
端的に言えば書いてて楽しかった部分ですね

そのあとドクオが登場し脅され、ショートプログラムではかなり悪い順位に
これ昔書いたときはもっと低い順位でした
さすがここから逆転はないだろーってことで上がって、8位に

ギコからのメールで再び調子を取り戻しフリースケーティング
でも観客席にまたドクオを見つけちゃって、不安定な滑りに
個人的にここでの「傷跡だらけなのが、白に見えていただけではないのか」という一文がお気に入りです

そして四回転サルコーを飛ぶわけですが、ここで回転力が足りず三回転になりそうに
でも観客席に今度はギコの姿を見つけ、再びギコを見たくてもう一回、回ってしまうという
フィクションならではの展開ですが、気に入ってます

そのあとはギコを探しにいくも見つからず、ドクオとブーンに襲われ、結局助けられ・・・
前編の最後に電話のシーンを入れたのはこの後のためですね
つまり、復縁をいかに自然なものにするか、という

あとで部屋に行ったときに渡すチョコは唐突感が否めないなと思います
これちゃんと伏線引こうかどうか迷ったんですが、結局引かずにそのままいきました
今でもどっちが良かったのか、分かりません

んでそのあとは終わりに向かうわけですが、
最後の最後、言葉がいくつか出てきます
これ全部意味があるんですがややこしいのもあるので、二つほど意味の紹介を

四行目右側の「桜草一輪と」っていうのは、有里が二人に桜草をプレゼントしたっていう意味です
花言葉は「長続きする愛情」ですね

九行目の「十時十分と、愛でし子と」っていうのは、手を繋いだ子供です
子供を真ん中にして、その両手を両親が繋いでいる状態ですね
そうすると子供の手が、ちょうど十時十分くらいの位置になるかなぁ、と

充実って意味も含めてあります
時計の針というタイトル的にも、この最後の十時十分という言葉は、相応しかったんじゃないかなぁ、とか思ったりもします

だいたいストーリーに関してはこんな感じでした
次回はキャラについて


 その4へ


スポンサーサイト

【2007/12/29 01:05】 | 自己作品について
トラックバック(0) |


名無しさん
10時10分うまいなぁ・・・


名無しさん
最後の言葉のところに出てきた
『お墓参り』は何を表しているんですか?


◆azwd/t2EpE
お墓参りっていうのは前編に出てきた

『メダルを獲れば、堂々とお父さんの墓参りにも行ける。
ずっと支えてきてくれたお父さん。もし生きていたときに、金メダルを獲っていたら、どんなに喜んだだろう。
そう思うと、尚更金メダルを首にかけて報告に行きたい。』

という文章から繋がってます

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



名無しさん
しっかりしたストーリーに
柔らかい象徴的設定で包む……参考になるなぁ

管理人のみ閲覧できます
-



◆azwd/t2EpE
お三方ご指摘ありがとうございます
うっかりしてました、すみません
修正かけました

コメントを閉じる▲
「その1」でも書いた通り、この作品については基本的に満足しています
特に大筋に関しては、単純ながらしっかり書けた印象が強いです

今回は前編の流れについて

「時計の針」は全編、しぃの一人称で話は進んでいきます
序盤にまずしぃがギコの淡白さに対し、少し高みから見ていて、
でもそのあとギコからの誘いに対しては単純な喜びを見せます

この二つは前編のストーリー全てに影響を及ぼすほど大事な要素で、
それを最初に書けたというのに自分は満足しています

ギコと半年振りに遊んだ際にズバっとフラれちゃうわけですが、
このときのギコのセリフはかなり悩んだ覚えがあります
切迫感とか悲壮感とか、そういうのを精一杯出したくて

そこから有里との絡みが始まります
この話、メインはしぃとギコですが、
同じくらい大事なのがこの有里っていう存在です

しぃを突き動かし、話を深みに導き、やがて進ませていくっていう
なくてはならない存在でした
ギコと別れたあとから前編が終わるまでの間、有里の存在は欠かせないものとなっています

しぃがあと前編でやることと言えばチョコを作ることくらいなのですが、
ここで過去の補完を行ってるので、わりと大事なシーンになってます
途中でストーカーに襲われたりなんかして、一応メリハリもついてるかな、と

フィギュアの練習が上手くいかないことと関連して追い詰められ、
結局、約束の時間に約束の場所に行かない、っていう浅はかな行動をしぃは取ってしまいます
ここのシーンは自分的に最も気に入っていたりします

しぃが行かなかった愚かしさも、ギコが待っちゃった愚かしさも、全て含めてストーリーの象徴的なシーンでした
ある意味では最も切ないシーンであるとも思います

前編で反省したのはこのあとのシーンですね
しぃとギコの電話です
これは当時必要と思って入れたのですが、省いたほうがスッキリだったかも知れません

ともかく希望ないまま前編は終わります
後編についてはまた次回


 その3へ



【2007/12/26 13:18】 | 自己作品について
トラックバック(0) |


名無しさん
この作品は全体的にすごく好きだけど、特に好きな部分はバレンタインだ
あの日の一連の流れはとても良かった
今でもよく読み返すよ

ユリはおまいさんの作品じゃあまり見ないタイプのキャラだったなあ
だけどすごく魅力的だった。好き好き


名無しさん
ユリはおまいさんの作品じゃあまり見ないタイプのキャラ

たしかに


◆azwd/t2EpE
有里みたいなキャラはすごく好きですし書きやすいんですけど、
なかなか使いどころが難しくって

上手くハマると凄く使いやすいんですけどね
上手くハメるのが難しいです

コメントを閉じる▲
自分が今まで書いたもののなかでは最も短い作品です

なのに、と言っていいのか、だからなのか、自分には分からないのですが、
自分が把握している限りでも6つのサイトさんにまとめていただきまして、
非常に恵まれた作品でもあります

作品の概要は、日本の期待を背負ったフィギュアスケーターとその彼氏のすれ違い恋愛話という、
至極単純なものなのですが、
そのぶん、自分としては書きたいように書けた印象が強いです

ただこの作品について語るときに欠かせないのは、
実は「時計の針」にはプロトタイプが存在している、ということです

自分がまだ誰にも文章を見せておらず、ひとりでワードに暇つぶしがてら文章を書いていた頃
確かポケモンを書く四年くらい前だったと思います
その頃にぐわーっと書いた作品が元になっています

基本的に大筋は同じです
セリフなんかも、そこから流用されてるものが少なからずあります
地の文はカオスってたのでほぼ全て書き直してます

地の文と言えば、時計の針の地の文は、あえて直接的な表現を徹底的に避けています
全体の浮遊感というか、曖昧感というか、そういうのを表したかったっていう理由によるものです
若干やりすぎちゃってるような部分も散見されますが、このときの地の文は個人的に気に入ってます

話を戻しまして、何故昔に書いた作品をブーン系仕様に作り変えて発表したのか、という点について
それは単純にこの話が気に入っていたからです

昔、色々と書いていたんですが、ちゃんと書ききったものはさほど多くないです
そのなかでこれは珍しく書ききって、出来にもそれなりに満足していました
なのでブーン系として公開したい気持ちが出てきた、というわけなんです

ただ当時スレでご指摘いただきましたように、
そのせいでこの作品に「ブーン系らしさ」というものはほとんどないです
もっとブーン系ならではの要素を取り入れればよかったと反省しています

でも、この作品をブーン系としてVIPに投下したことを後悔はしていません
面白かったって言ってくださる方が一人でもいれば、それは有益なことだったと思うので

次回はストーリー筋について、の予定です


 その2へ



【2007/12/12 23:57】 | 自己作品について
トラックバック(0) |


名無しさん
ポケモンの四年前ってwwwそんな前から話書くの好きだったんだなぁ
後悔はしてないって、えらいよおまいさん

というか6つのまとめってすごいな


テナイン
ご訪問ありがとうございます
足跡から来ました

( ^ω^)ブーンがアルファベットを武器に戦うようですを
読みました
かなりおもしろかったです
これからも( ^ω^)ブーン系を読まさせていただきます



名無しさん
( ^ω^)おっおっお


( ^ω^)
569 : ◆azwd/t2EpE :2007/08/08(水) 00:56:27.52 ID:yE1aqZqL0
>>549
ち、ちげーよ!
初登場時から考えてありましたが今まで出す機会がなかったんです
下の名前(苗字)をつけるのは好きです

>>554
三日で形を崩しちゃうので、基本的に一般人が手に入れることはまずないですね
仮に手袋して拾って持って帰ってもすぐ崩れちゃうわけですし
Aなら普通の青年男性なら触れることができる可能性が高いですが、戦場でAを使うことはないですし
Dとか拾っても普

定期貼り。2つほどブーン系小説の題材考えて↑のテンプレと共にメモ帳に貼り付けてますが、依然↑のコピペの上にある物語は進んでません・・・・


◆azwd/t2EpE
米1さん
文章を書くのは昔から好きでした
でもいま昔のを見ると稚拙すぎて全部ギャグ作品化してて笑えます
こういう時期を経て少しずつ成長するんだなぁと思ったりもします

米2さん
こちらこそありがとうございます
ブーン系には面白い作品がたくさんありますよん

米4さん
よく意味が分かりません・・・;


名無しさん
米4
日本語でおk


名無しさん
ブーン系らしさってよく話題に出るなぁ、あそことかで。
例えば顔文字ナシもたまに批判されているけど……。
でも、顔文字ナシだろうがなんだろうが、
「ブーン系」として捉えられる器の広さってのもブーン系にはあってほしいなぁなんて。


◆azwd/t2EpE
一度それについてここで書いてみようかなぁとも考えてるのですが、
自分としては、ブーン系らしさというのは
「ブーン系の特色を活かす」ってことだと思ってます

その特色ってのは千差万別でそれぞれの考え方に準拠すると思うのですが、
この時計の針っていう作品では、自分が考えている特色を活かせませんでした
なのでブーン系らしさに欠けていると感じるんです

「ブーン系として捉えられる器の広さ」っていうのは自分もあってほしいなぁと思います
というより、それぞれが持つ基準を絶対だと思わずに広い視野で見てほしい、と考えてます
じゃないとブーン系は定型化してお決まりのパターンばっかになっちゃう、表現の幅が狭まっちゃう、と思うので

顔文字ナシは全然アリだと自分は思ってます、実際策略はそうやって書きましたし
極端な話、たとえセリフなしで地の文オンリーであろうと、ブーン系の特色を活かした作品ならおkだと思ってます
あくまで個人的な考えではあるんですけど
そういう自由さってのが幅広く認められたら、ブーン系はもっと発展するんじゃないかなぁ、と


名無しさん
そうですね、もっと実験的な作品とかも大々的に認められたらなーと
保守の考えも必要とは思うけど、やはり発展のが重要だとオモ

コメントを閉じる▲
「作者はバトルと恋愛とエロスを書いたことがあるけど、なんかこのジャンルを書く時のこだわりってのありますか
あと、今後挑戦してみたいジャンルとか」

というコメントをいただきましたので、今回はそれについて


まず、あまりこういうことを他の方と比較したことがないので、はっきりとは分からないのですが、
そんなに拘りっていうのはないほうだと思っています

「バトル」と言えばポケモンやアルファになると思いますが、
拘りというか、気をつけているのは平常パートとバトルパートのバランス・・・ですかね
どっちが続きすぎても問題ですし

あとは衝突する感情の処理にはわりとこだわってます
戦争モノだと死んじゃうことも多いので、戦ってる最中あるいは戦う前に処理させたりとか
いずれにせよ後味があまり悪くならないように、とは考えています

戦いっていうのは明確な結果が求められるので、
そこをおかしな風にはしないように、と
強いて言うならこだわりはそんなものだと思います


「恋愛」は心の揺れ動きが全てだと思ってるので、
その描写を多めに入れるっていうのが、こだわりと言えばこだわりだと思います

情景描写と絡ませたりしながらですが、とにかくキャラの気持ちとか感情を表すのが大事かなと
じゃないと大筋を進められないです、自分は


「エロ」はなーんもないですw
無心で書きます


「今後挑戦したいジャンル」は・・・色々ありますが、特にやりたいなと思ってるのは二つですかね

ひとつは「ほのぼの」です
平穏な日常にちょっとした出来事が起きる、くらいのほのぼのしたやつがやりたいです
日常モノって言ったほうがいいのかな?

もうひとつは「ファンタジー」です
魔法とかが出てくるようなコッテコテのをやってみたいですね
でも確実に長編になるのでちょっと臆してます


あと、とある有名作者さんからメールで
「書いているときに音楽を聞くのか、聞くとしたら何を聞くのか」という質問をいただきました

音楽は聴いたり聴かなかったり、ですね
聴かないときが一番集中できてるのですが、なんとなく寂しいので聴くときが多いです

聴くのは歌声のない音楽ですね
クラシックとか、ニコニコでゲーム音楽メドレーとか探してきたりとかして、聴いてます
歌声なしのメドレー探しにいつも必死になってます

誰かうpしてくださ(ry



追記を閉じる▲

【2007/12/01 16:38】 | 雑記
トラックバック(0) |


名無しさん
作者のファンタジー見てみたい!
ただ、ファンタジーの難点は必ず中二病乙って荒らしがくる…


名無しさん
そういやモーツァルトを聞きながらだと能率が上がるって
聞いたことがあったようななかったような


名無しさん
荒らしを気にする人には(掲示板を使うのは)難しいよ


名無しさん
個人的にはほのぼのがいいな


名無しさん
ゲーム系ならFFとかゼルダとかカービィのオーケストラのがオヌヌメ


名無しさん
以前予告やってたジョルジュ主役のあのなんかすごいのは……
ほのぼのとはちょっと違うかwww
日常物やるとしたら地の文なしになるのかな、どっちでも面白そうだ

魔法物は前から言ってたねー
アルファもそうだけど、おまいさんの書く作品は妙に現実的になるから
どれだけファンタジーっぽくなるのか楽しみだw


名無しさん
逆に『ほのぼの』が良い隠し味になってるのが今の作品なんですね


名無しさん
今日ニコニコで東方のメドレーあったよ(ランキングで)


名無しさん
カービィのオーケストラってのはttp://www.geocities.co.jp/pandaroboworld/sound.htm
これかな

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。