◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタバレをきっと含むことと思われますので、
アルファ未読の方はご注意ください


ボツネタを記事にするというのも何だかなぁという感じかも知れませんが、
とりあえずやってみます


ボツネタ その1

放浪家シャキンのお話


えーっと、これは何なのかと申しますと、
アルファの世界をプラプラ歩きまわるシャキンをストーリーに登場させる予定でした

時には町で普通に生活したり、
時には戦に加わったり

各国の情勢などを、国に所属しない人間の視点から描いたりして、
各国の対比などを表現する予定でした


ボツにした理由

ストーリーに絡ませるのが非常に厳しい感じだったため、ですね
やっぱりこれは「アルファベットを武器に」というのが中心になってるわけなので、
シャキンにもアルファベットを使わせる必要はあるだろうなーと考えたんですが……

作品を読んでいただいた方はお分かりのことと存じますが、
この世界では一般人がアルファベットを持てないように構成されています

なのでやっぱりシャキンを絡ませるのは難しかった次第です
元軍人というふうに設定しても、長きにわたって登場させつづけるのは難しいですし……
いずれどっかに仕官させようかな? なんてことも考えたんですが、
展開が非常に面倒なことになりそうだったのでヤメました

主要AAがほぼ登場しているなかで、
シャキンだけが登場していない理由っていうのは、
ひとつはこの構想があったためです

もうひとつはまぁ、ストーリーに大きく影響を及ぼすショボンの存在を、あんまり引き立たせたくなくて
やっぱりシャキンを使うとショボンとの繋がりってのを疑われちゃうので……
ショボンにはダーティなイメージを一切抱かせたくなかったんです

まぁ、この放浪家シャキンの構想も全て無駄になったわけではなくて、
一部は現在のカルリナに受け継がれています
山村を助ける、という展開は元々シャキン用に用意されていたんですが、
それをカルリナにスイッチさせたわけなんですね

この構想をボツにしたのはけっこう早くて、
確か話数がまだ一桁の頃だったと思います
最初はなんとかして登場させたかったんですけど、やっぱ無理そうってことに気づいたので

世界観を補強する意味で非常に重要な役割を果たす予定だったのですが、
自分が作った設定に縛られちゃって、結局彼の存在は脳内のみに留まることとなりました


次回のボツネタは「ビロードの早世」です



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2008/06/11 21:43】 | 雑記
トラックバック(0) |


名無しさん
次回のネタがめっちゃ気になる


名無しさん
死ななくて本当よかった……


名無しさん
ビロードwktk


名無しさん
すごくシャキンのフルネームが知りたいです

管理人のみ閲覧できます
-



名無しさん
シャキンが登場しなかった経緯はそんな感じだったんですか~
確かにショボンと関連性を一番持たれるAAなだけに
アルファにおいては登場させてしまうと、ややこしくなりそうですね。

でも、放浪者という第三者、非軍人視点でアルファの世界を見るという構想はカルリナに引き継がれているとはいえ、出したほうが面白かったと思います。
戦争メインだから扱いが難しいでしょうけど…

あまりゴチャゴチャに詰め過ぎると、ややこしくなるから現状が最適という結論に序盤の段階で悟ったのですね。
そういう判断ができるのはすごいと思います。


名無しさん
こういう没ネタとかの制作背景って面白いですねw
それにしても次回が気になるw


名無しさん
103話はまだですか><
まとめサイトの更新を心待ちにしています!


名無しさん
言ってる意味がわからない……が催促してはいかん


名無しさん
だけど遅すぎる感は否めない…
頑張ってください

コメントを閉じる▲
最近やたらと多いので、
「http://」を禁止ワードとさせていただきました
アドレスなど貼る際は先頭の「h」を抜いてくださるようお願い申し上げます

うーん、メンドくさい


【2008/06/07 11:03】 | 雑記
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-



a
http://

承認待ちコメント
-



名無しさん
そっか、httpを拒否にすればああいうコメントが来なくなるのか。
自分も同じようなのに困ってるので参考にさせてもらいますw

承認待ちコメント
-



名無しさん
httpレーザーとかftpレーザー思い出した

コメントを閉じる▲
前回、「ストーリー部分についての話は次回にも続きます」と書いたのですが、
よくよく考えてみたらあんまり書くことありませんでした……
なんであんなこと書いたんだろうと自分に疑問を感じながら、今回は当時の思いについて振り返ります

まず、当時(今もですけど)はアルファをやってたので、
そちらの更新が疎かにならないように、と
それは考えました

やっぱり現行をお待ちいただいている方っていうのは居ると思うので、
そちらを蔑ろにするっていうのは作者としてはしてはならない、と考えてました
だから自由度が高く、書きやすそうなこの合作に参加した、というのは「その1」で書いたとおりです

作品を仕上げるスピードには拘りました
設定がある程度固まった時点でもうストーリーを作り始め、
文章にし始めた時期も早かったと思います

自分の記憶が確かなら、
参加者のなかでは一番早くできあがったんだったと思います

自分が書きあがったあとに合作の設定が何度か変更されたように思うのですが、
自分の作品はあんまり設定の深くにまで食い込むものではなかったので、
設定が微調整されても作品に修正を加えた記憶というのはほとんどありません

投下が確か三月の上旬で、
でも二月の下旬ぐらいになっても完成していない方がけっこういらして、
これはもしや直前まで完成しない方もいるのでは……という不安はありました

でも、そういったハラハラドキドキ感が合作を盛り上げていた部分もあったと思うので、
今となっては「みんなとっくに完成してたのに、あえて完成してなかったと言っていたんじゃ」というような、
自分が空気読めていなかったのではないかという不安を今頃、若干覚えています

今思うと、投下間近になっても完成率が50%の方とかもいらして、
なのにみんな投下には間に合わせるという神業を成し遂げていたので……
合作を盛り上げるために皆さんがそうやっていたのだとしたら、凄いなぁと感じてます


そんなこんなで投下日になりまして、
けっこう久々に「投下で緊張」というのを味わった覚えがあります
もしかしたらポケモン最終話以来かも、ってなくらいの

トップで出て行って、シーンとなったらヤダなぁ……とか
やっぱそういう不安がありました
合作ならではですね

結果としては、惨憺たるものにはならなかったと思うので、
投下を終えたあとは安堵に満ちていた記憶があります

秋葉原さんが自分の次だったので、
その紹介も書いたわけなんですが、
「秋葉原」は偶然にも以前に読んだことがあったので、スラスラと書けました

こんな感じでいいのかなぁと思いつつ、確認を取る手段もなかったので、思い切って投下しました
この次回予告が良かったのかどうかは分かりませんが、自分としては一応満足してます


つらつらと思いついたことを書いてみましたが、
もうあんまり書くこともなさそうな感じになってきたので、
次回「総括」をやって終わりにさせていただこうと思っております


 その4へ



【2008/06/01 01:17】 | 合作・祭りについて
トラックバック(0) |


p.p.
懐かしいなあ
もう一回読もうかな


名無しさん
>「みんなとっくに完成してたのに、あえて完成してなかったと言っていたんじゃ」

これはないだろwwwww
でもあのときは見てて面白かった


名無しさん
〆切直前の作家だなほんとにw
ある意味ブーン系の作者は辞めるのも毎日書くのは自由だから、職業として作家をやることが大変っぽいなぁって読んでて思いましたよ…

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。