◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事に第2話の投下が終了致しました
お読みいただいた皆様、ありがとうございました

第2話は第1話に比べるとボリュームがありました
おおよそ1.5倍くらい、レス数にして120レスくらいの量です
1話をこれだけ長く書いたのは、アルファでもないですね

そんな第2話ですが、第1話に比べるとけっこう分かりづらい内容になっちゃったと思います
もっとサラーっと読める話にしたいなぁ……と思っていたのですが、
展開に抑揚がないのは自分的に寂しいので、こういう形になりました

ちなみにミセリが後をつけてきているっていうのは、
「その14」にもう明確に書いてあります

> ファミレスでの昼食を終えて、二人でシネコンに向かった。
> ……実質的には、二人と、更に二人と、もう一人。

ここです
この「もう一人」がミセリです
ペニサスはこのとき本屋に向かってるので、ミセリしか当てはまらないといった塩梅です

まぁ、ミセリといった存在がキーになってたので、
扱い方にはけっこう苦労しましたが……
多分、なんとかなったと思います

とはいえ、やっぱりもっと気張らずに読めるような、
そんな話を書いていきたいなーと思ってるので、
次回では思惑どおりに書けるように努力します

とりあえず、次回は短くしたいところです
第1話くらいの長さに……ですね
今回のもまさか、その46まで行くとは思ってなかったので……

一ヶ月くらい毎日投下、それがちょうどいいんじゃないかなと勝手に思ってます
あんまり長いと最初のほうの展開忘れちゃいそうですし……
まぁ、色々模索してみます

しかし、第3話の投下がいつになるのか、
というよりも本当に投下できる日が来るのか……
完全に未定ですが、また決まりましたらお知らせします



今後の当ブログについてですが、
やっぱり更新頻度は落ちることになると思います
気が向いたときに、ちょこちょこ色々書いていく予定なので、
よろしければ今後もお付き合いください

毎度毎度の文言ですが、
最優先はアルファなので、そちらを最大限努力しつつ、
合間合間でブログの更新も継続していきたいなと思っています

なんか企画案とか御持ちの方いらっしゃいましたら、
是非ともお教えくださいませ
とりあえずは、自由気ままに更新を続ける予定です




追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2008/10/02 23:59】 | 何でも屋
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



名無しさん
次も楽しみにしとります。グミでも食いながらのんびり待ってるよー


名無しさん
第2話読んだよー。
更新の仕方の関係かこれくらいの量でも問題なく読めた気がする。
アルファとなんでも屋の次回楽しみにしてる。


名無しさん
乙でした!


名無しさん
つ[企画]
作者さんのAAに対するイメージについての考察
大体こんなイメージ持ってるからあんな役を割り振ることが多い、こんな役はさせないな、みたいな。
一回の更新につき一AA、週一ぐらいの頻度でやれば長持ちするんじゃ?


初めまして
初めまして、いつも楽しく拝見させて貰ってます。

ツンの何でも屋、面白かったです。さすがですね。

先日、アルファを最初から読み返したのですが、改めて作者さんの文章力に感服しました。

特に77話のジョルジュとミルナの会話のシーンで「例えば、未来が上にあるとすれば、過去は下にあるのだろう。だからジョルジュは、俯きながら下を見ているのだ、と思った。」って所は、日本の名だたる文豪達に負けず劣らずの素晴らしい文章だと思いました。

アルファの続き楽しみにしてます。無理せずに頑張って下さいね。失礼しました。


( ^ω^)
初めまして
やっぱり作者さんの書く物語は格別ですね―……
ブーン系読み始めた頃に「('A`)ドクオの策略がとんでもない方向に向かうようです」を読んで泣いた記憶があります
何でも屋の更新も楽しみですが、アルファもゆっくりでいいんで完結させてくださいね!
以上、いつも作者さんのアイディアの多様さに驚かされる( ^ω^)でした


◆azwd/t2EpE
皆さんレスありがとうございます

>>米1さん
忘れてないです、はい
次の更新は一応それにする予定です

>>米2さん
( ・∀・)グミくれー

>>米3・4さん
頑張ります

>>米5さん
それいいですね~、やってみます
ありがとうございます

>>米6さん
マジですか、ありがとうございます
今後も精進致します

>>米7さん
ドクオの策略からもう二年って考えると、時が経つのは早いですね~
アルファも二年くらいやってるってことですが……完結に向けて頑張ります
次回作はまた今までにない種別の作品になる予定なので、そちらも楽しんでいただけたら幸いです


名無しさん
携帯からだとその一がかなり昔にあって戻るのが大変なので、第一話と第二話のその一のリンクを作ってほしいです><


名無しさん
いままでにない種別……?
下ネタ全開のカオスですね。わかります

コメントを閉じる▲
ξ゚⊿゚)ξ(……っていっても……)

 シューちゃんは今日から大学が始まった。
 夏休みの間は、毎日バイトに来てくれてたけど、これからはそうもいかない。
 寂しくなっちゃうな……。

 常勤の子を雇えたらなぁって、思うには思うんだけどね。
 でも、さすがに今の財政状況じゃ厳しい……。
 ギコさんからの依頼みたいな額が、毎回入るわけじゃないからね。

 シューちゃんが、卒業したあとウチに入ってくれたら、嬉しいんだけど……。
 でも、シューちゃんがどう考えてるのかは、知らない。全然分からない。
 普通に一般企業へ就職しちゃいそうな気もする。

 それは、もちろん寂しいことなんだけど、でも仕方ないなとも思う。
 生きたいように、生きるべきだもんね。

 私自身、そう思ったからこそ、何でも屋を開いたわけだし。

ξ゚⊿゚)ξ「……あれ?」

 昨日の片づけを終えて、夕飯を作ってたときのことだった。
 突然、事務所内にチャイムが鳴り響いた。

 二階までの階段の明かりは、もう消したのに……。
 こんな時間に人が来るなんて、うーん。
 シューちゃんかな?

 いったん火を止めて、手を洗って、入口に向かった。
 擦りガラスの向こうに見える人は、シューちゃんにしてはちょっと大きい。
 男の人……あれ?

 ……もしかして。

 鍵を開けて、扉を開いた。
 その向こうに立っていたのは、やっぱり――――

( ^ω^)「ツンさん、こんばんはですお」

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーンくん!」

 夜の来訪者とは、実に数ヶ月ぶりの再会。
 予期なんてまったくしてなくて、でも、だからこそ飛び跳ねるくらいに。

 嬉しい嬉しい、再会だった。











 第2話 終わり

     ~to be continued



追記を閉じる▲

【2008/10/01 23:22】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
作者乙!
面白かった!


名無しさん
ブーン兄弟は瓜二つなんだな。
お疲れ様でした!


名無しさん
ブーン君ってなんか違和感あるなw
おもしろかった!お疲れさまでした!


名無しさん
アルファ思い出すな


名無しさん
乙です!ツンかあいいよ


名無しさん
乙。




ブーンを区別出来ないwwwwwwwwww


名無しさん
相変わらずツンの可愛さでお腹いっぱいでした
第3話も楽しみにしてます!


名無しさん
( ^ω^)(^ω^)
こうしてみると確かに違うな


名無しさん
乙でした!!
楽しかったです


名無しさん
続きが読みたい

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。