◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 校舎の昇降口から、小走りで駆け寄ってくる。
 部活を終えたドクオくんだった。

(;'A`)「お、遅くなってすみませ……」

('A`)「……悪かったな、遅くなっちまって」

ξ;゚⊿゚)ξ(えっ……)

 なんで途中まで敬語だったのに、急に偉そうな口ぶりになったの……?
 そんな疑問を一瞬抱えたけど、すぐに理由は分かった。
 どうやら、彼氏の役割を考えた結果みたい。

('A`)「暑いとこで待たせて悪かった。さぁ、行こうか」

('、`;川「……あのさ、ドクオ」

('A`)「え?」

('、`;川「そのキモイ態度やめたほうがいい。吐き気がする」

(;'A`)「……あ……」

 ペニちゃん、マジで引いてる……。
 心底やめてほしいって思ってるんだろうなぁ……。

 ……実は私も、ちょっとだけ……。

ξ゚⊿゚)ξ「普通でいいから、ね?」

(;'A`)「う、うん」

 無理したってしょうがないしね……。
 ドクオくんは、キャラも知られてるんだし、尚更。
 私はちょっと、キャラ作りしなきゃいけないかも知れないけど……。

ξ;゚⊿゚)ξ(うっ……)

 ドクオくんと一緒になった瞬間、物凄い視線を感じる……。
 多分……ドクオくんの友達、かなぁ……。
 それ以外のも、あるような気がするけど……。

 校門を通り過ぎる高校生は、私のほうに何度か視線を送っていく。
 セント学院の制服は、やっぱり珍しいみたい。当たり前か。
 セント学院はここからだいぶ離れたとこにあるから、登下校ですれ違うこともないだろうし……。

 制服の可愛さも寄与してるかも?
 ペニちゃんには、似合ってるって言ってもらえたし……。
 そういう意味で注目されてるんだとしたら、恥ずかしい反面、悪い気はしないかなって感じだったりする。

('、`*川「ドクオ、アンタもしツンさんに手ぇ出したらどうなるか」

(;'A`)「わ、分かってます!」

('、`*川「よーし」

 あくまで、二日間を乗り切るための、偽彼女。
 私はもちろん、ドクオくんも、それはちゃんと把握してなきゃいけないこと。

ξ゚⊿゚)ξ「じゃ……行ってくるね」

('、`*川「はーい」

 ペニちゃんに別れを告げて、ドクオくんと二人で高校から離れる。
 緩やかな傾斜をゆっくり下っていく。

 こうして、二日かけて彼女役を演じる依頼は、静かに静かに始まった。


その13へ




追記を閉じる▲
 校舎の昇降口から、小走りで駆け寄ってくる。
 部活を終えたドクオくんだった。

(;'A`)「お、遅くなってすみませ……」

('A`)「……悪かったな、遅くなっちまって」

ξ;゚⊿゚)ξ(えっ……)

 なんで途中まで敬語だったのに、急に偉そうな口ぶりになったの……?
 そんな疑問を一瞬抱えたけど、すぐに理由は分かった。
 どうやら、彼氏の役割を考えた結果みたい。

('A`)「暑いとこで待たせて悪かった。さぁ、行こうか」

('、`;川「……あのさ、ドクオ」

('A`)「え?」

('、`;川「そのキモイ態度やめたほうがいい。吐き気がする」

(;'A`)「……あ……」

 ペニちゃん、マジで引いてる……。
 心底やめてほしいって思ってるんだろうなぁ……。

 ……実は私も、ちょっとだけ……。

ξ゚⊿゚)ξ「普通でいいから、ね?」

(;'A`)「う、うん」

 無理したってしょうがないしね……。
 ドクオくんは、キャラも知られてるんだし、尚更。
 私はちょっと、キャラ作りしなきゃいけないかも知れないけど……。

ξ;゚⊿゚)ξ(うっ……)

 ドクオくんと一緒になった瞬間、物凄い視線を感じる……。
 多分……ドクオくんの友達、かなぁ……。
 それ以外のも、あるような気がするけど……。

 校門を通り過ぎる高校生は、私のほうに何度か視線を送っていく。
 セント学院の制服は、やっぱり珍しいみたい。当たり前か。
 セント学院はここからだいぶ離れたとこにあるから、登下校ですれ違うこともないだろうし……。

 制服の可愛さも寄与してるかも?
 ペニちゃんには、似合ってるって言ってもらえたし……。
 そういう意味で注目されてるんだとしたら、恥ずかしい反面、悪い気はしないかなって感じだったりする。

('、`*川「ドクオ、アンタもしツンさんに手ぇ出したらどうなるか」

(;'A`)「わ、分かってます!」

('、`*川「よーし」

 あくまで、二日間を乗り切るための、偽彼女。
 私はもちろん、ドクオくんも、それはちゃんと把握してなきゃいけないこと。

ξ゚⊿゚)ξ「じゃ……行ってくるね」

('、`*川「はーい」

 ペニちゃんに別れを告げて、ドクオくんと二人で高校から離れる。
 緩やかな傾斜をゆっくり下っていく。

 こうして、二日かけて彼女役を演じる依頼は、静かに静かに始まった。


その13へ



【2008/08/28 22:37】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
毎日楽しみで仕方ないwww
作者さん頑張ってください

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
毎日楽しみで仕方ないwww
作者さん頑張ってください
2008/08/28(Thu) 22:49 | URL  | 名無しさん #aVPf3pVU[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。