◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 お嬢様学校の制服の子が、ゲームセンター内を所狭しと歩き回って……。
 あちらこちらではしゃぐ姿は、多分、目立っちゃってたんだと思う……。

「あれ? ツンさんじゃねぇか」

 パイの実の大袋を取ったドクオくんと一緒に、ベンチで封を開けていたとき。
 不意に、後ろからかかった声は、決して懐かしいものじゃなかった。

(,,゚Д゚)「何やってんだ、こんなとこで」

ξ;゚⊿゚)ξ「ギコさん!?」

 黒いスーツとグレーのシャツ、明るい蛍光色のネクタイ。
 頭を180度傾けて見ても、堅気のサラリーマンには見えないと思う。

 もちろん、それもそのはず。
 日本最大の指定暴力団、山内組の次期若頭とも言われている人。
 それがギコさんだった。

(,,;゚Д゚)「……俺の記憶が、正しければ……」

 じーっと、私の格好を凝視して、言葉を途切れ途切れに吐き出す。

(,,;゚Д゚)「ツンさんは……確か、今年でもう」

ξ;゚⊿゚)ξ「わーっ!!」

 それ以上言っちゃダメ!
 どこで聞かれてるか分かんないんだから……!

 さすがにギコさんも察知してくれたみたいだった。
 しどろもどろになりながら、必死でフォローしてくれる。

(,,;゚Д゚)「こ、今年で17だよな? いやー大きくなったよなぁ」

ξ;゚ー゚)ξ「う、うん。成長したでしょ?」

(,,;゚Д゚)「セント学院に入ってたとは知らなかったぜ。いやー驚いた」

 白々しい言葉だけど、ごまかせたよね……?
 もし尾行の人たちに聞かれてたとしても、問題ないはず……。

(;'A`)「あ、あのー……」

(,,゚Д゚)「ん?」

 ライオンに手を伸ばすときのような表情で、ドクオくんは声を絞り出していた。
 仕事帰りのサラリーマンじゃないことには、さすがに気づいてるみたいで……。

(;'A`)「こ、こちらの方は……?」

ξ゚⊿゚)ξ「あ……えーっと、私が前にお世話になった、ギコさんって人で……」

(,,゚Д゚)「ある意味、お前の先輩だ」

 その言葉でドクオくんも、全てを察してくれたみたいだった。
 だけど、ギコさんから差し出された手を握るときは、震えてるように見えた。
 ……やっぱ怖いよね、ギコさんの風貌は……。

(,,゚Д゚)「あー……そうだ、ついでにちょっと話あるんだが……いいか?」

ξ゚⊿゚)ξ「私にですか?」

(,,゚Д゚)「そりゃそうだ」

 話は多分、"あのとき"のことだと思うけど……。
 でも、今は依頼中だしなぁ……。


その18へ




追記を閉じる▲
 お嬢様学校の制服の子が、ゲームセンター内を所狭しと歩き回って……。
 あちらこちらではしゃぐ姿は、多分、目立っちゃってたんだと思う……。

「あれ? ツンさんじゃねぇか」

 パイの実の大袋を取ったドクオくんと一緒に、ベンチで封を開けていたとき。
 不意に、後ろからかかった声は、決して懐かしいものじゃなかった。

(,,゚Д゚)「何やってんだ、こんなとこで」

ξ;゚⊿゚)ξ「ギコさん!?」

 黒いスーツとグレーのシャツ、明るい蛍光色のネクタイ。
 頭を180度傾けて見ても、堅気のサラリーマンには見えないと思う。

 もちろん、それもそのはず。
 日本最大の指定暴力団、山内組の次期若頭とも言われている人。
 それがギコさんだった。

(,,;゚Д゚)「……俺の記憶が、正しければ……」

 じーっと、私の格好を凝視して、言葉を途切れ途切れに吐き出す。

(,,;゚Д゚)「ツンさんは……確か、今年でもう」

ξ;゚⊿゚)ξ「わーっ!!」

 それ以上言っちゃダメ!
 どこで聞かれてるか分かんないんだから……!

 さすがにギコさんも察知してくれたみたいだった。
 しどろもどろになりながら、必死でフォローしてくれる。

(,,;゚Д゚)「こ、今年で17だよな? いやー大きくなったよなぁ」

ξ;゚ー゚)ξ「う、うん。成長したでしょ?」

(,,;゚Д゚)「セント学院に入ってたとは知らなかったぜ。いやー驚いた」

 白々しい言葉だけど、ごまかせたよね……?
 もし尾行の人たちに聞かれてたとしても、問題ないはず……。

(;'A`)「あ、あのー……」

(,,゚Д゚)「ん?」

 ライオンに手を伸ばすときのような表情で、ドクオくんは声を絞り出していた。
 仕事帰りのサラリーマンじゃないことには、さすがに気づいてるみたいで……。

(;'A`)「こ、こちらの方は……?」

ξ゚⊿゚)ξ「あ……えーっと、私が前にお世話になった、ギコさんって人で……」

(,,゚Д゚)「ある意味、お前の先輩だ」

 その言葉でドクオくんも、全てを察してくれたみたいだった。
 だけど、ギコさんから差し出された手を握るときは、震えてるように見えた。
 ……やっぱ怖いよね、ギコさんの風貌は……。

(,,゚Д゚)「あー……そうだ、ついでにちょっと話あるんだが……いいか?」

ξ゚⊿゚)ξ「私にですか?」

(,,゚Д゚)「そりゃそうだ」

 話は多分、"あのとき"のことだと思うけど……。
 でも、今は依頼中だしなぁ……。


その18へ



【2008/09/02 23:07】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
ギコさんktkr

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ギコさんktkr
2008/09/02(Tue) 23:23 | URL  | 名無しさん #XSHodX8M[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。