◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ……って考えてたけど、ドクオくんはあっさり了解してくれた。

('A`)「ちょっと、あいつらと話したいんで……」

 ドクオくんの言う"あいつら"は、もちろん尾行してきているクラスメイトのこと。
 今は姿が見当たらないけど、多分、ゲームセンター内にいるはず。
 そういえばペニちゃんもココに来てるのかな?

 ドクオくんと一旦離れて、ギコさんと二人で缶コーヒーを啜った。
 気軽に奢ってくれるあたりは、やっぱり大人だなぁ、なんて思ったりもするけど。
 でも、実をいうと紅茶のほうが好きなんだよね……うーん、言いづらい。

(,,゚Д゚)「制服、似合ってるじゃねぇか。若いな」

ξ;゚⊿゚)ξ「からかわないで下さい」

(,,゚Д゚)「いやいや、ホント女子高生にしか見えねーよ。
    こんな男と一緒にいたら、ツンさんの価値が下がっちまうな」

 ギコさんは、適当に言葉を繋いでいるようだった。
 言葉にしづらい何かに、辿り着くまで。

 あんまり時間がない、ってこともある。
 あるけど、私はやっぱり、すぐに聞いてしまいたかった。
 なにか、進展があったかも知れないから。

ξ゚⊿゚)ξ「ギコさん、この前の怪しい男のことですけど」

(,,゚Д゚)「……あぁ……話したいのは、正にそのことだ」

 ギコさんが何か話すとすれば、そのことしかない。
 分かっていたことだった。

 そう、ベンツの運転を行なう依頼を、遂行しきった日。
 事務所に帰ってきたあとのこと。

 シューちゃんが、『た すけて』のメールと共に、姿を消していた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 手から滑り落ちた携帯が、床と接して鈍い音を立てた。
 私はそれを、まったく拾う気になれなかった。

 シューちゃんが、消えた。
 助けての一言を残して。

ξ;゚⊿゚)ξ「シューちゃん!!」

 周章する私に愛猫のリンがビクっとして跳ね退いた。
 そうだ、リンの世話も放り出して居なくなるなんて、普通じゃない。
 何かあったとしか考えられない。

 辺りを見回しても、手掛かりらしきものはなかった。
 でも、リビングのテレビは付けっぱなしで、部屋のなかは涼しい。
 台所で洗われたコップにはまだ水滴が残っていた。

 さっきまでこの部屋にいた、ってことだ。


その19へ




追記を閉じる▲
 ……って考えてたけど、ドクオくんはあっさり了解してくれた。

('A`)「ちょっと、あいつらと話したいんで……」

 ドクオくんの言う"あいつら"は、もちろん尾行してきているクラスメイトのこと。
 今は姿が見当たらないけど、多分、ゲームセンター内にいるはず。
 そういえばペニちゃんもココに来てるのかな?

 ドクオくんと一旦離れて、ギコさんと二人で缶コーヒーを啜った。
 気軽に奢ってくれるあたりは、やっぱり大人だなぁ、なんて思ったりもするけど。
 でも、実をいうと紅茶のほうが好きなんだよね……うーん、言いづらい。

(,,゚Д゚)「制服、似合ってるじゃねぇか。若いな」

ξ;゚⊿゚)ξ「からかわないで下さい」

(,,゚Д゚)「いやいや、ホント女子高生にしか見えねーよ。
    こんな男と一緒にいたら、ツンさんの価値が下がっちまうな」

 ギコさんは、適当に言葉を繋いでいるようだった。
 言葉にしづらい何かに、辿り着くまで。

 あんまり時間がない、ってこともある。
 あるけど、私はやっぱり、すぐに聞いてしまいたかった。
 なにか、進展があったかも知れないから。

ξ゚⊿゚)ξ「ギコさん、この前の怪しい男のことですけど」

(,,゚Д゚)「……あぁ……話したいのは、正にそのことだ」

 ギコさんが何か話すとすれば、そのことしかない。
 分かっていたことだった。

 そう、ベンツの運転を行なう依頼を、遂行しきった日。
 事務所に帰ってきたあとのこと。

 シューちゃんが、『た すけて』のメールと共に、姿を消していた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 手から滑り落ちた携帯が、床と接して鈍い音を立てた。
 私はそれを、まったく拾う気になれなかった。

 シューちゃんが、消えた。
 助けての一言を残して。

ξ;゚⊿゚)ξ「シューちゃん!!」

 周章する私に愛猫のリンがビクっとして跳ね退いた。
 そうだ、リンの世話も放り出して居なくなるなんて、普通じゃない。
 何かあったとしか考えられない。

 辺りを見回しても、手掛かりらしきものはなかった。
 でも、リビングのテレビは付けっぱなしで、部屋のなかは涼しい。
 台所で洗われたコップにはまだ水滴が残っていた。

 さっきまでこの部屋にいた、ってことだ。


その19へ



【2008/09/03 23:38】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
ついにきた


名無しさん
前回の引きが明かされるか

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ついにきた
2008/09/04(Thu) 01:57 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
前回の引きが明かされるか
2008/09/04(Thu) 06:46 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。