◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 もちろんすぐにギコさんに電話して確認は取った。
 私の事務所を見てた男が、もしかしたら山内組の人かも知れないから。

 それだったら安心できた――――んだけど……。

(,,;゚Д゚)『いや……そんな手配はしてねぇ……』

 胸の奥から何とか絞り出したみたいな声だった。
 それは、ギコさんにとっても、完全に予想外、ってことみたいで……。

(,,゚Д゚)『すぐにこっちの若ぇの送るから、事務所から出ないでくれ』

ξ;゚⊿゚)ξ『はい』

(,,゚Д゚)『くそっ……悪いな、ツンさん』

 電話が切られたあと、ものの数十分で山内組の組員さんがやってきた。
 頻繁にヤクザが出入りする事務所ってのもなんかヤダけど……。
 でも、今回は仕方ないよね……。

 組員さんはしばらく警戒網を張るって言ってくれた。
 事務所を見てたのは、多分、敵対勢力だろうから、って。

 二日間、運転手になっただけの私を監視する意味が、私には見出せないけど……。
 でも……利用価値を見出されちゃってるんだとしたら、ヤバイなぁ……。

(,,゚Д゚)『ツンさんの仕事の邪魔にならないよう、善処する。
    迷惑かけてすまねぇな……』

ξ゚⊿゚)ξ『いえ、そんな……』

(,,゚Д゚)『オヤジにも伝えてあるから、何とかなると思うが』

ξ゚⊿゚)ξ『オヤジ?』

(,,゚Д゚)『あぁ、組長のことだ』

 荒巻組長かぁ……頼りになるなぁ……。
 いや、別にギコさんが頼りにならないってわけじゃないけど……。

ξ゚⊿゚)ξ『三河組との抗争は……』

(,,゚Д゚)『そのへんのことは、また今度話すよ』

 そう言って、また慌ただしくギコさんは電話を切った。
 数人の組員さんも所内から居なくなって、また、シューちゃんと二人きり。
 まだ話しきれてないことがあったから、私は迷わず口を開いた。


その22へ




追記を閉じる▲
 もちろんすぐにギコさんに電話して確認は取った。
 私の事務所を見てた男が、もしかしたら山内組の人かも知れないから。

 それだったら安心できた――――んだけど……。

(,,;゚Д゚)『いや……そんな手配はしてねぇ……』

 胸の奥から何とか絞り出したみたいな声だった。
 それは、ギコさんにとっても、完全に予想外、ってことみたいで……。

(,,゚Д゚)『すぐにこっちの若ぇの送るから、事務所から出ないでくれ』

ξ;゚⊿゚)ξ『はい』

(,,゚Д゚)『くそっ……悪いな、ツンさん』

 電話が切られたあと、ものの数十分で山内組の組員さんがやってきた。
 頻繁にヤクザが出入りする事務所ってのもなんかヤダけど……。
 でも、今回は仕方ないよね……。

 組員さんはしばらく警戒網を張るって言ってくれた。
 事務所を見てたのは、多分、敵対勢力だろうから、って。

 二日間、運転手になっただけの私を監視する意味が、私には見出せないけど……。
 でも……利用価値を見出されちゃってるんだとしたら、ヤバイなぁ……。

(,,゚Д゚)『ツンさんの仕事の邪魔にならないよう、善処する。
    迷惑かけてすまねぇな……』

ξ゚⊿゚)ξ『いえ、そんな……』

(,,゚Д゚)『オヤジにも伝えてあるから、何とかなると思うが』

ξ゚⊿゚)ξ『オヤジ?』

(,,゚Д゚)『あぁ、組長のことだ』

 荒巻組長かぁ……頼りになるなぁ……。
 いや、別にギコさんが頼りにならないってわけじゃないけど……。

ξ゚⊿゚)ξ『三河組との抗争は……』

(,,゚Д゚)『そのへんのことは、また今度話すよ』

 そう言って、また慌ただしくギコさんは電話を切った。
 数人の組員さんも所内から居なくなって、また、シューちゃんと二人きり。
 まだ話しきれてないことがあったから、私は迷わず口を開いた。


その22へ



【2008/09/06 21:19】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
荒巻はオヤジと呼ばれてるのか

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
荒巻はオヤジと呼ばれてるのか
2008/09/06(Sat) 23:15 | URL  | 名無しさん #XSHodX8M[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。