◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)「あ、そうそう……そういえば」

ξ゚⊿゚)ξ「え?」

('A`)「設定は、有名ウェイトレスなんで……」

ξ;゚⊿゚)ξ「はい?」

 な、何が?
 どういう意味?

('A`)「ツンさんの設定です……地元のバイト先では、可愛いウェイトレスとして有名ってことにしてあるんで……」

ξ;゚⊿゚)ξ「どういうこと? どこかのファミレスで働かなきゃいけないってこと?」

(;'A`)「や、違います」

 仮に『そうです』って言われても、いきなりは絶対ムリだけどね……。

('A`)「もうすぐバイトの時間だから、今日はこれくらいで……ってことになってます」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、なんだ……そういうことかぁ」

 肩から力が抜けた。
 気の張りっぱなしな一日だったけど、なんとか無事に切り抜けれたみたい。

('A`)「また明日も……よろしくお願いします」

ξ゚⊿゚)ξ「うん。頑張ります」

(*'A`)「み、水着楽しみにしてます!」

ξ;゚⊿゚)ξ「楽しみにしないで!」

 憂鬱なこと思い出しちゃったよ……。
 そういえば、何年かぶりに水着姿になるんだった……。

 ゲームセンターから出たあとは、そのまま駅に向かった。

 わざとそうした、とかじゃなくて、普通に私とドクオくんは上り下りが逆だった。
 私は上り、ドクオくんは下り。だからもう、改札をくぐったあとは手を振るだけだった。

 反対側のホームにドクオくんの姿を探してみたけど、見当たらない。
 もしかしたら、友達と隠れたとこで話してるのかも。
 うーん、そうだとしたら会話がちょっと気になる。

('、`*川「お疲れ様でーす」

ξ゚⊿゚)ξ「ペニちゃん」

 ソフトクリームを片手に、ペニちゃんが現れた。
 ペニちゃんも下りのはずだから、本当は反対側のホームだけど……。
 私と話すために、わざわざこっちに来てくれたみたいだった。

('、`*川「ま、あいつらと一緒の電車になってもメンドイんで」

ξ゚⊿゚)ξ「そうなの?」

('、`*川「下手に勘ぐられたらドクオが可哀想ですからね」

 あ、そっか……ペニちゃんは、昼に校門前でドクオくんと話してて……。
 もちろんその光景を、ドクオくんの友達も見てるわけだから……。
 何回も一緒になってたら、ちょっと怪しいよね? ってことになるから、って話だ。

 ……やっぱり、ペニちゃんはいい子だなぁ。
 なんか、嬉しくなっちゃうな。

('、`;川「なんで笑ってんですか?」

ξ*゚ー゚)ξ「なんでもないよ」

('、`;川「ふーん……」

('、`*川「まぁいいです。それより明日、頑張って下さいね」

ξ゚⊿゚)ξ「もちろん、だけど……ちょっと聞いておきたいことがあるの」

('、`*川「ん? アタシにですか?」

ξ゚⊿゚)ξ「うん、あのね――――」


その25へ




追記を閉じる▲
('A`)「あ、そうそう……そういえば」

ξ゚⊿゚)ξ「え?」

('A`)「設定は、有名ウェイトレスなんで……」

ξ;゚⊿゚)ξ「はい?」

 な、何が?
 どういう意味?

('A`)「ツンさんの設定です……地元のバイト先では、可愛いウェイトレスとして有名ってことにしてあるんで……」

ξ;゚⊿゚)ξ「どういうこと? どこかのファミレスで働かなきゃいけないってこと?」

(;'A`)「や、違います」

 仮に『そうです』って言われても、いきなりは絶対ムリだけどね……。

('A`)「もうすぐバイトの時間だから、今日はこれくらいで……ってことになってます」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、なんだ……そういうことかぁ」

 肩から力が抜けた。
 気の張りっぱなしな一日だったけど、なんとか無事に切り抜けれたみたい。

('A`)「また明日も……よろしくお願いします」

ξ゚⊿゚)ξ「うん。頑張ります」

(*'A`)「み、水着楽しみにしてます!」

ξ;゚⊿゚)ξ「楽しみにしないで!」

 憂鬱なこと思い出しちゃったよ……。
 そういえば、何年かぶりに水着姿になるんだった……。

 ゲームセンターから出たあとは、そのまま駅に向かった。

 わざとそうした、とかじゃなくて、普通に私とドクオくんは上り下りが逆だった。
 私は上り、ドクオくんは下り。だからもう、改札をくぐったあとは手を振るだけだった。

 反対側のホームにドクオくんの姿を探してみたけど、見当たらない。
 もしかしたら、友達と隠れたとこで話してるのかも。
 うーん、そうだとしたら会話がちょっと気になる。

('、`*川「お疲れ様でーす」

ξ゚⊿゚)ξ「ペニちゃん」

 ソフトクリームを片手に、ペニちゃんが現れた。
 ペニちゃんも下りのはずだから、本当は反対側のホームだけど……。
 私と話すために、わざわざこっちに来てくれたみたいだった。

('、`*川「ま、あいつらと一緒の電車になってもメンドイんで」

ξ゚⊿゚)ξ「そうなの?」

('、`*川「下手に勘ぐられたらドクオが可哀想ですからね」

 あ、そっか……ペニちゃんは、昼に校門前でドクオくんと話してて……。
 もちろんその光景を、ドクオくんの友達も見てるわけだから……。
 何回も一緒になってたら、ちょっと怪しいよね? ってことになるから、って話だ。

 ……やっぱり、ペニちゃんはいい子だなぁ。
 なんか、嬉しくなっちゃうな。

('、`;川「なんで笑ってんですか?」

ξ*゚ー゚)ξ「なんでもないよ」

('、`;川「ふーん……」

('、`*川「まぁいいです。それより明日、頑張って下さいね」

ξ゚⊿゚)ξ「もちろん、だけど……ちょっと聞いておきたいことがあるの」

('、`*川「ん? アタシにですか?」

ξ゚⊿゚)ξ「うん、あのね――――」


その25へ



【2008/09/09 21:03】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
なんだなんだ


名無しさん
引きウマス


名無しさん
ツン可愛いなw

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
なんだなんだ
2008/09/09(Tue) 23:37 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
引きウマス
2008/09/09(Tue) 23:45 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
ツン可愛いなw
2008/09/10(Wed) 06:42 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。