◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日から、ずっと居た。
 ドクオくんを尾行してた女の子が、いた。

 それは偶然だったかも知れないし、深い意図はなかったのかも知れない。
 だけど――――もしかしたら、と思うには充分だった。

ミセ;゚ー゚)リ『凄く落ち込んでるみたいだから……声、かけづらいなぁ……って』

('、`*川『逃げてるだけじゃん。"これからも"そうするつもり?』

ミセ;゚ -゚)リ『ッ……!!』

 ペニちゃんも、今までのことは知らなかったはず。
 ミセリって子が尾行してることも、昨日は気付いてなかったから。

 でも、同じクラスにいるから分かることもある。
 ペニちゃんの話じゃ、ドクオくんとミセリちゃんが話してるとこは、一回も見たことないらしいから。

ミセ*゚ -゚)リ『……うん、分かった』

 決然とした声が聞こえた。

 海の家の陰から、ちょっとだけ顔を出す。
 ドクオくんの小さな背中が見える。

 そこに近づく、明るめの髪を括った女の子。
 間違いなく、昨日、バスの中にいた子だ。

 顔を引っ込めて、また電話に耳を当てる。
 だけど、ミセリちゃんが何を言ってるのかは聞き取れない。

 もう一度、二人のほうを見た。
 二人が並んで、ペニちゃんたちの許へ歩み寄っていく。

 ――――私の思惑としては、こう。

 ドクオくんは、私のことを彼女だと思ってた。
 だけど私は、ドクオくんのことを『ただの友達』だと思ってた。
 だから、キスを迫られてビンタした。

ξ゚⊿゚)ξ(……これで、ウソにはならないはず……)

 ドクオくんはウソをついたんじゃなくて、ただ勘違いしてただけ。
 友達への顔も立つし、ミセリちゃんにも格好がつく。
 これで、万事快調、のはず。

 また、声が聞こえ始めた。

(;'A`)『どういう状況なのか……全然掴めないんだけど……』

('、`*川『まぁ、そうだろーね』

 ドクオくんが不可思議に思ってるのは、やっぱり、ミセリちゃんのことだと思う。
 昨日から私たちを見てたこと、知らないはずだから。

(;'A`)『特にその……ミセリさん……?』

ミセ;゚ -゚)リ『う、うん。なに?』

 ミセリちゃんの声、ちょっと震えてる。
 こういう状況で思っちゃいけないのかもしれないけど……可愛い。
 なんか、純真さが伝わってくる。


その39へ




追記を閉じる▲
 昨日から、ずっと居た。
 ドクオくんを尾行してた女の子が、いた。

 それは偶然だったかも知れないし、深い意図はなかったのかも知れない。
 だけど――――もしかしたら、と思うには充分だった。

ミセ;゚ー゚)リ『凄く落ち込んでるみたいだから……声、かけづらいなぁ……って』

('、`*川『逃げてるだけじゃん。"これからも"そうするつもり?』

ミセ;゚ -゚)リ『ッ……!!』

 ペニちゃんも、今までのことは知らなかったはず。
 ミセリって子が尾行してることも、昨日は気付いてなかったから。

 でも、同じクラスにいるから分かることもある。
 ペニちゃんの話じゃ、ドクオくんとミセリちゃんが話してるとこは、一回も見たことないらしいから。

ミセ*゚ -゚)リ『……うん、分かった』

 決然とした声が聞こえた。

 海の家の陰から、ちょっとだけ顔を出す。
 ドクオくんの小さな背中が見える。

 そこに近づく、明るめの髪を括った女の子。
 間違いなく、昨日、バスの中にいた子だ。

 顔を引っ込めて、また電話に耳を当てる。
 だけど、ミセリちゃんが何を言ってるのかは聞き取れない。

 もう一度、二人のほうを見た。
 二人が並んで、ペニちゃんたちの許へ歩み寄っていく。

 ――――私の思惑としては、こう。

 ドクオくんは、私のことを彼女だと思ってた。
 だけど私は、ドクオくんのことを『ただの友達』だと思ってた。
 だから、キスを迫られてビンタした。

ξ゚⊿゚)ξ(……これで、ウソにはならないはず……)

 ドクオくんはウソをついたんじゃなくて、ただ勘違いしてただけ。
 友達への顔も立つし、ミセリちゃんにも格好がつく。
 これで、万事快調、のはず。

 また、声が聞こえ始めた。

(;'A`)『どういう状況なのか……全然掴めないんだけど……』

('、`*川『まぁ、そうだろーね』

 ドクオくんが不可思議に思ってるのは、やっぱり、ミセリちゃんのことだと思う。
 昨日から私たちを見てたこと、知らないはずだから。

(;'A`)『特にその……ミセリさん……?』

ミセ;゚ -゚)リ『う、うん。なに?』

 ミセリちゃんの声、ちょっと震えてる。
 こういう状況で思っちゃいけないのかもしれないけど……可愛い。
 なんか、純真さが伝わってくる。


その39へ



【2008/09/23 20:27】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
ドクオのくせに…
ドクオのくせに…!


名無しさん
はあ
ドクオを呪いたい


名無しさん
やっと追いついた

ドクオ  はぁ


名無しさん
その時何の前触れもなく大波がドクオを飲み込んだ


名無しさん
願わくば高波よ悪魔となれ


名無しmobile
前の話といい、何でツンはこんなに尾行に関して鋭いの?ゴルゴなの?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ドクオのくせに…
ドクオのくせに…!
2008/09/23(Tue) 20:54 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
はあ
ドクオを呪いたい
2008/09/23(Tue) 21:42 | URL  | 名無しさん #WX0ZdiFc[ 編集]
やっと追いついた

ドクオ  はぁ
2008/09/23(Tue) 21:52 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
その時何の前触れもなく大波がドクオを飲み込んだ
2008/09/24(Wed) 12:41 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
願わくば高波よ悪魔となれ
2008/09/24(Wed) 18:32 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
前の話といい、何でツンはこんなに尾行に関して鋭いの?ゴルゴなの?
2008/09/24(Wed) 20:42 | URL  | 名無しmobile #n3C3tgxw[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。