◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンには非常に多くのキャラたちが登場しましたが、
個人的には脇役たちにも思い入れのあるキャラがいます

今回はそんな脇キャラについて


まずはサカキ
一言で言うと、自分はこういうキャラが大好きなんです
自分のやっていることの善悪ってのは関係なくて、ただやりたいことをやる
つまり自分を信じきっているキャラです

サカキは自分のやりたいようにやってます
何もかも、ですね
やりたくないことはやらないですし、やりたいことのためなら手段を選びません
また残虐で狡猾で、それでいてポケモンが強いんです

ポケモンの中では紛れもない最強キャラでした
サカキを動かすことで話に盛り上がりが出来て、自分としては凄く書きやすく、また書きたいキャラでした
個人的に一番好きなキャラですね


次はマ・チース
これはもう、今だから正直に言いますが、
自分としては一番嫌いなキャラでした

キャラ自体は元ネタに沿ってて、また使いやすくもあったんですが、
何で嫌いになってしまったかっていうと、当時の風潮に影響されてしまったんですね

当時スレでは「マ・チースネタ」というのが流行っていまして、
投下中や投下後に関係なくマ・チースに何やかんや言わせるのがよくありました

最初は何とも思わなかったのですが、次第にそれが増えるにつれて、
正直嫌気が差してしまったんです
特に投下中の真面目なシーンでやられると自分としては萎えちゃったんですね
あれはまだブーン系に携わってから半年も経ってませんでしたし、自分も若かったなと思います

だからマ・チースは途中で物語から消すことも考えましたし、
最後の重要な役目も誰か違う人に渡そうかなとか考えたんですが、
やっぱ話を崩すわけにはいかなかったので、マ・チースを使いました

マ・チースがサンダーの羽根を渡すあたりにはもうだいぶ和らいでて、
マ・チースを使うのにも抵抗はなくなったのですが、
やはりそれまでは使うのを躊躇っていましたね

合作のときにはむしろ好きなキャラになってて、楽しく使うことができました


最後はリー
彼は出番こそ少なかったものの、役割自体は非常に重要でした

まず最初に、ツンの元親をレッドとするのは考えました
それが自然な流れだろう、と
そこで誰か意外な人物をレッドにしたいな、と思いました

となるとやっぱり敵かなと
サカキじゃマズイので幹部クラスの誰かにしよう、と考えました

そこで、カツラのロケット団本部での戦い時に使うつもりだったリーを当てはめることに決めたんです
リーなら目を悪くしてるから、ツンの過去に合致してちょうどいいな、と
最初リーはカツラに攻撃するためだけのキャラだったのですが、
レッドとすることで重要キャラになりました

重要キャラだったにも関わらず出番が少なかったのは制約が多かったからですね
最後の戦いまでツンと会わせるわけにはいきませんでしたし
目が見えないってことでそうそう外には出れなかったので

自分の住みよい世界を創るためにロケット団に従事するってのは、
リーを上手く表現できた部分だと自分では思っています
目が見えなくなったことの影響ですね

目を見てしまう恐れがないからこそミュウツーを扱う、とか、
リーに関しては色んな要素を余さず使えたと思っています
ラルと同じくらい、使い切ることのできたキャラですね


脇キャラたちに関しては以上です
次回総括をやって、「ポケモン」については終わりにしようと思います


【2007/08/18 18:44】 | 自己作品について
トラックバック(0) |


名無しさん
サカキはいい悪役だったなぁ・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
サカキはいい悪役だったなぁ・・・
2007/08/19(Sun) 06:29 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。