◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 私がミセリちゃんの尾行に気づいたのは、昨日、シネコンに向かってた途中だった。
 曲がり角を曲がったとき、多分、見失わないように慌てて三人は後ろを追ってきた。

 走れば必ず大きな音が立つ。
 そのとき、明らかに一つだけ、高音が混じってた。

 あれはローファーの靴音だった。
 そのあとのゲームセンターで、ドクオくんの友達の靴を確認したけど、二人ともスニーカーだったから、間違いない。
 女の子がいる気がするっていうのは、私の勘も混じってたけど、確信に近かった。

ミセ*゚ -゚)リ『……ドクオくん、好きです』

ξ;゚⊿゚)ξ(わっ!!)

 び、びっくりした!
 突然すぎだよ……!

 でも、私には情景が見えないから、突然に感じたのかも?
 ……あ、違う。やっぱ突然だったんだ。
 ドクオくんの反応がない。

(;'A`)『……え……?』

 やっと返ってきた言葉は、生返事に近かった。
 だよね……そりゃー、びっくりするよね。
 突然の告白だもんね……。

 でも、それしかありえない。
 わざわざドクオくんのデートの後をつける、なんて。
 ちょっとやりすぎな気もするけど……でも、好きじゃなきゃありえない行動。

ミセ*゚ -゚)リ『球技大会のときから……ずっと、好きで……』

(;'A`)『え、え、え?』

ミセ*゚ -゚)リ『後をつけてたのは、ダメなことだったと思うし、私も反省してます……。
     でも……返事、聞かせてもらえますか……?』

 結局は、それぞれみんな、幼かったんだよね。
 もちろん、私も含めて、なんだけど。
 唯一冷静でありつづけたのは、ペニちゃんくらいなのかな。

 みんな、恋愛感情が絡んでたから、冷静じゃなかった。
 そういう風になるのって、私にもよく分かる。
 恋愛は理屈が通らないもん(荒巻組長談)。

 ま、みんながそれぞれ、思い思いの行動を取ったから、こんなにややこしくなっちゃったわけだけど……。
 でも、まぁ、悪くはないはずだよね。
 得られるもの、たくさんあったもんね。

(;'A`)『えぁ……あ、あの……えっと……』

ミセ*゚ -゚)リ『うん……』

(;'A`)『え、えぇーっと……』

 ちょっとだけ、心配ごとは、あった。
 ドクオくん、途中から明らかに私との距離を狭めてきたから。
 多分、あのとき、ちょっと私のことを好きになってたんだと思う。


その42へ




追記を閉じる▲
 私がミセリちゃんの尾行に気づいたのは、昨日、シネコンに向かってた途中だった。
 曲がり角を曲がったとき、多分、見失わないように慌てて三人は後ろを追ってきた。

 走れば必ず大きな音が立つ。
 そのとき、明らかに一つだけ、高音が混じってた。

 あれはローファーの靴音だった。
 そのあとのゲームセンターで、ドクオくんの友達の靴を確認したけど、二人ともスニーカーだったから、間違いない。
 女の子がいる気がするっていうのは、私の勘も混じってたけど、確信に近かった。

ミセ*゚ -゚)リ『……ドクオくん、好きです』

ξ;゚⊿゚)ξ(わっ!!)

 び、びっくりした!
 突然すぎだよ……!

 でも、私には情景が見えないから、突然に感じたのかも?
 ……あ、違う。やっぱ突然だったんだ。
 ドクオくんの反応がない。

(;'A`)『……え……?』

 やっと返ってきた言葉は、生返事に近かった。
 だよね……そりゃー、びっくりするよね。
 突然の告白だもんね……。

 でも、それしかありえない。
 わざわざドクオくんのデートの後をつける、なんて。
 ちょっとやりすぎな気もするけど……でも、好きじゃなきゃありえない行動。

ミセ*゚ -゚)リ『球技大会のときから……ずっと、好きで……』

(;'A`)『え、え、え?』

ミセ*゚ -゚)リ『後をつけてたのは、ダメなことだったと思うし、私も反省してます……。
     でも……返事、聞かせてもらえますか……?』

 結局は、それぞれみんな、幼かったんだよね。
 もちろん、私も含めて、なんだけど。
 唯一冷静でありつづけたのは、ペニちゃんくらいなのかな。

 みんな、恋愛感情が絡んでたから、冷静じゃなかった。
 そういう風になるのって、私にもよく分かる。
 恋愛は理屈が通らないもん(荒巻組長談)。

 ま、みんながそれぞれ、思い思いの行動を取ったから、こんなにややこしくなっちゃったわけだけど……。
 でも、まぁ、悪くはないはずだよね。
 得られるもの、たくさんあったもんね。

(;'A`)『えぁ……あ、あの……えっと……』

ミセ*゚ -゚)リ『うん……』

(;'A`)『え、えぇーっと……』

 ちょっとだけ、心配ごとは、あった。
 ドクオくん、途中から明らかに私との距離を狭めてきたから。
 多分、あのとき、ちょっと私のことを好きになってたんだと思う。


その42へ



【2008/09/26 23:09】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
ドクオだけはやめとけよ……


名無しさん
作者、セックスしようぜ!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ドクオだけはやめとけよ……
2008/09/27(Sat) 02:00 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
作者、セックスしようぜ!
2008/09/27(Sat) 05:54 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。