◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あー」

「あーあーあー」

「ああぁぁぁー……」


「……暑い……」


 いやに長い髪を、うっとうしいと言わんばかりに束ねる男。
 岩場の陰で直射日光は届かないものの、男は全身に汗の粒を浮かべていた。

「なんなんだココは……ほとんど砂漠じゃねぇか……」

「カシアスはどこにあるんだ……」

 譫言を漏らすに至るほど、男は疲労困憊だった。
 もう四日ほど、まともに睡眠を取っておらず、食料も底を尽きかけている。

 そして、命の次に大事な、魔力さえ。

「……景色だけなら悪くないんだけどな……」

 丘に登ってもまだ、地平線は絶えない。
 渺茫たる荒野。
 疲労さえなければ、男は情景に浸ることもしただろう。

 しかし今は、茹だるような暑さに降伏するが如く、地面にへばりつくしかなかった。

「……しゃーねぇ」

 男は観念したような表情で、しかし、すくっと立ち上がった。

「マグネット……やってみるか」

 腰を探り、ズボンに付けられた小さい箱を開く。
 複数枚のカードが収められたそれから、一枚のカードを取り出した。

 そのカードには、大きな文字でこう書かれている。
 【Lv.1 マグネット】と。

「頼むからカシアスに行ってくれー……ゼノンに戻らないでくれよー……」

「……パッケージ、Once/Plural/Move/Dependence」

 カードが、下部から徐々に発光していく。
 そしてやがて、カード全体が光に包まれたとき、男はゆっくり目を開いた。

「【Lv.1 マグネット】……発動!」

 男の体は、正に磁石に引き寄せられる砂鉄の如く、その場から飛び去る。
 岩場の上空を翔け、川を越えて、荒野の果てへと突き進む。
 もっとも、当事者である男は、カードを発動させているため何も意識できない。

 やがて、無様な格好で着地する。
 数歩ほど離れた位置に立つ妙齢の女性は、喫驚の面持ちで男から距離を取った。

 男はすぐさま起きあがり、確認する。
 町の入り口。
 旅人を迎える大きな看板に書かれていたのは――――

『ようこそ歓楽の町ゼノンへ!』


「…………」

「あああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」










   【その眼に映る、行方知れずの天壌無窮】



 その2へ




追記を閉じる▲
「あー」

「あーあーあー」

「ああぁぁぁー……」


「……暑い……」


 いやに長い髪を、うっとうしいと言わんばかりに束ねる男。
 岩場の陰で直射日光は届かないものの、男は全身に汗の粒を浮かべていた。

「なんなんだココは……ほとんど砂漠じゃねぇか……」

「カシアスはどこにあるんだ……」

 譫言を漏らすに至るほど、男は疲労困憊だった。
 もう四日ほど、まともに睡眠を取っておらず、食料も底を尽きかけている。

 そして、命の次に大事な、魔力さえ。

「……景色だけなら悪くないんだけどな……」

 丘に登ってもまだ、地平線は絶えない。
 渺茫たる荒野。
 疲労さえなければ、男は情景に浸ることもしただろう。

 しかし今は、茹だるような暑さに降伏するが如く、地面にへばりつくしかなかった。

「……しゃーねぇ」

 男は観念したような表情で、しかし、すくっと立ち上がった。

「マグネット……やってみるか」

 腰を探り、ズボンに付けられた小さい箱を開く。
 複数枚のカードが収められたそれから、一枚のカードを取り出した。

 そのカードには、大きな文字でこう書かれている。
 【Lv.1 マグネット】と。

「頼むからカシアスに行ってくれー……ゼノンに戻らないでくれよー……」

「……パッケージ、Once/Plural/Move/Dependence」

 カードが、下部から徐々に発光していく。
 そしてやがて、カード全体が光に包まれたとき、男はゆっくり目を開いた。

「【Lv.1 マグネット】……発動!」

 男の体は、正に磁石に引き寄せられる砂鉄の如く、その場から飛び去る。
 岩場の上空を翔け、川を越えて、荒野の果てへと突き進む。
 もっとも、当事者である男は、カードを発動させているため何も意識できない。

 やがて、無様な格好で着地する。
 数歩ほど離れた位置に立つ妙齢の女性は、喫驚の面持ちで男から距離を取った。

 男はすぐさま起きあがり、確認する。
 町の入り口。
 旅人を迎える大きな看板に書かれていたのは――――

『ようこそ歓楽の町ゼノンへ!』


「…………」

「あああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」










   【その眼に映る、行方知れずの天壌無窮】



 その2へ



【2008/12/21 13:50】 | 貞子祭り
トラックバック(0) |


名無しさん
ファンタジーなのか!
これは期待


名無しさん
貞子……?


名無しさん
おお貞子祭りか、期待


名無しさん
魔法モノは予想外だ


名無しさん
これはwktk


名無しさん
GIですねわかります


名無しさん
この男は誰なんだ?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ファンタジーなのか!
これは期待
2008/12/21(Sun) 15:51 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
貞子……?
2008/12/21(Sun) 19:32 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
おお貞子祭りか、期待
2008/12/21(Sun) 19:33 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
魔法モノは予想外だ
2008/12/21(Sun) 23:59 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
これはwktk
2008/12/22(Mon) 10:47 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
GIですねわかります
2008/12/22(Mon) 12:44 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
この男は誰なんだ?
2008/12/22(Mon) 19:53 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。