◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【★特選★】('A`)ドクオがフィギュアを買うようです
【選考理由】全体のバランスが凄くよかったです

【入選1】( ゚д゚)ぱーぺき!のようです('、`*川
【選考理由】キレイなハッピーエンドだったので

【入選2】lw´‐ _‐ノvしおりをはさみ忘れたようです
【選考理由】雰囲気が好きです

【入選3】本格派キンタマミステリー・('A`)名探偵ドクコナンのようです
【選考理由】ツンの「ていうかくせーしwwwwwwwwwwwwwwww」が印象的でした

【入選4】(,,゚Д゚)は取り調べるようです
【選考理由】こういう掛けあいが好きです


自分の投票レスは↑です

簡単な理由は既に書いてありますが、
もうちょっと細かく、上から順に感想を書いていきます
以下ネタバレありなのでご注意ください




('A`)ドクオがフィギュアを買うようです

まず、最初にお断りしておかなきゃいけないのは、
自分はほとんどの作品を投下期間終了後に読んでいます

で、作品を読むときに大前提としてあったのは、
「これは三国志の参加作品である」ということです
いくつもの参加作の一つ、という意識を持って読みました

そこには相対的な評価が含まれています
全体のなかで一つ際立つ作品が、たとえば三国志以外ではそれほど目立たなかったとしても、
三国志の中では目立っていたからという理由で投票している場合があります

前置きが長くなりましたが、つまるところフィギュアにもそういった要素があります

その要素がなにかと言えば、これがハッピーエンドだということです
読んだ方は分かると思いますが、三国志のシリアス作品はバッド寄りの作品が多かったように思います
もうひとついえば、重い作品が多くありました

短編ではバッド寄りのほうが話を盛り上げやすく、面白くしやすいと思います
バッドエンドは登場人物の感情に折り合いをつけなくても話がまとまりますし、
伏線の放り投げもあまり問題ないとされる場合が多いです

ハッピーエンドの場合、序盤~中盤を盛り上げすぎると終盤で要素を消化しきれなくなります
引っかかりとか、しこりとか、そういうのが残ってしまいがちです
それはハッピーエンドになりえず、中途半端なオチとなってしまうので評価するのは難しいです

そのへんを踏まえて考えると、フィギュアという話は盛り上がりと結末のバランスが非常に良い話でした

序盤のドクオの浮きっぷりは見ててハラハラするというか、心が痛むというか、
ドクオの今後を気にさせることでまず読者を引き込んでいると思います

対する立場であるブーンやショボンの側にいずれはつくんだろうというのは、
予想でもありますが、ある意味では期待でもありました

ジョルジュ側とブーン側での対立や、
ジョルジュらにハッキリ言われて孤立したりする場面で盛り上げて、
それからクーの登場があった時点で特選に入れるのを決めました

あの場面、ブーン側について「これからは合った場所で生きるんだ」で終わってておかしくありませんが、
ドクオに発展性がもうちょっとほしいと思える場面でクーが出てきてくれたので、
単なる落ち着きにならなくてよかったなと

オチとして、クーのカミングアウトもあったので、
全体としてのバランスがかなり良かったように感じました

ジョルジュやツンに対する何らかの結末がついててもいいかなと思いましたが、
変に手を加えるとかえって蛇足にしかならないような気もするので、
そこのへんも単なるフェードアウトになってて良かったと思います

文句なしの特選です


( ゚д゚)ぱーぺき!のようです('、`*川

これもハッピーエンドでした
自分としては、ハッピーエンドじゃなきゃダメってことはもちろんないんですが、
バッド寄りが多い三国志ではやはり際立っていたように感じます

まずペニサスの、美人なのに臭いという設定がよかったです
単なる高嶺の花のような存在も好きなんですけど、上手くメリハリがついてたので

ミルナが事あるごとに点数で評価していくのは、
非常に分かりやすかったと思います
そういう分かりやすさは読んでる上で大事だと思うので

登場人物が可能なかぎり抑えられていて、
それぞれのキャラが立っていて、
ストーリーのテンポもいいという、読んでるうえで全く引っかかりがない話でした

もうひとつ細かいところでは、ペニサスの料理がクー母のモノでテイクアウトで……という展開
最初のところできっちりさりげなく伏線が引かれてて、すごく良かったです
これが入選の決定的な理由でした

あとは潔癖のミルナと頭がパーなペニサスでぱーぺきという、
タイトリングも良かったんですけれど、
個人的に無理やり「ようです」をつけた作品は好きじゃないので、そこだけマイナスでした

クーに対しては、もうちょっと次へのステップを踏み出していくような感じが、
そういうのが一言でもあったら個人的には嬉しかったです


思ったより長くなったので、残りの3作品はまた次回にします



追記を閉じる▲


('A`)ドクオがフィギュアを買うようです

まず、最初にお断りしておかなきゃいけないのは、
自分はほとんどの作品を投下期間終了後に読んでいます

で、作品を読むときに大前提としてあったのは、
「これは三国志の参加作品である」ということです
いくつもの参加作の一つ、という意識を持って読みました

そこには相対的な評価が含まれています
全体のなかで一つ際立つ作品が、たとえば三国志以外ではそれほど目立たなかったとしても、
三国志の中では目立っていたからという理由で投票している場合があります

前置きが長くなりましたが、つまるところフィギュアにもそういった要素があります

その要素がなにかと言えば、これがハッピーエンドだということです
読んだ方は分かると思いますが、三国志のシリアス作品はバッド寄りの作品が多かったように思います
もうひとついえば、重い作品が多くありました

短編ではバッド寄りのほうが話を盛り上げやすく、面白くしやすいと思います
バッドエンドは登場人物の感情に折り合いをつけなくても話がまとまりますし、
伏線の放り投げもあまり問題ないとされる場合が多いです

ハッピーエンドの場合、序盤~中盤を盛り上げすぎると終盤で要素を消化しきれなくなります
引っかかりとか、しこりとか、そういうのが残ってしまいがちです
それはハッピーエンドになりえず、中途半端なオチとなってしまうので評価するのは難しいです

そのへんを踏まえて考えると、フィギュアという話は盛り上がりと結末のバランスが非常に良い話でした

序盤のドクオの浮きっぷりは見ててハラハラするというか、心が痛むというか、
ドクオの今後を気にさせることでまず読者を引き込んでいると思います

対する立場であるブーンやショボンの側にいずれはつくんだろうというのは、
予想でもありますが、ある意味では期待でもありました

ジョルジュ側とブーン側での対立や、
ジョルジュらにハッキリ言われて孤立したりする場面で盛り上げて、
それからクーの登場があった時点で特選に入れるのを決めました

あの場面、ブーン側について「これからは合った場所で生きるんだ」で終わってておかしくありませんが、
ドクオに発展性がもうちょっとほしいと思える場面でクーが出てきてくれたので、
単なる落ち着きにならなくてよかったなと

オチとして、クーのカミングアウトもあったので、
全体としてのバランスがかなり良かったように感じました

ジョルジュやツンに対する何らかの結末がついててもいいかなと思いましたが、
変に手を加えるとかえって蛇足にしかならないような気もするので、
そこのへんも単なるフェードアウトになってて良かったと思います

文句なしの特選です


( ゚д゚)ぱーぺき!のようです('、`*川

これもハッピーエンドでした
自分としては、ハッピーエンドじゃなきゃダメってことはもちろんないんですが、
バッド寄りが多い三国志ではやはり際立っていたように感じます

まずペニサスの、美人なのに臭いという設定がよかったです
単なる高嶺の花のような存在も好きなんですけど、上手くメリハリがついてたので

ミルナが事あるごとに点数で評価していくのは、
非常に分かりやすかったと思います
そういう分かりやすさは読んでる上で大事だと思うので

登場人物が可能なかぎり抑えられていて、
それぞれのキャラが立っていて、
ストーリーのテンポもいいという、読んでるうえで全く引っかかりがない話でした

もうひとつ細かいところでは、ペニサスの料理がクー母のモノでテイクアウトで……という展開
最初のところできっちりさりげなく伏線が引かれてて、すごく良かったです
これが入選の決定的な理由でした

あとは潔癖のミルナと頭がパーなペニサスでぱーぺきという、
タイトリングも良かったんですけれど、
個人的に無理やり「ようです」をつけた作品は好きじゃないので、そこだけマイナスでした

クーに対しては、もうちょっと次へのステップを踏み出していくような感じが、
そういうのが一言でもあったら個人的には嬉しかったです


思ったより長くなったので、残りの3作品はまた次回にします


【2009/09/07 00:12】 | 合作・祭りについて
トラックバック(0) |


名無しさん
タシカニオモシロカッタ

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
タシカニオモシロカッタ
2009/09/08(Tue) 01:49 | URL  | 名無しさん #qNXjQhIg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。