◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主人公の内藤は一軍初登板のルーキーでした

この設定は最初から考えていたものなのですが、
まずこの理由付けに四苦八苦した覚えがあります

現実的に考えればまずありえないことですが、
その不可能を可能にしちゃう必要があったので

いろんな理由をがっちりつけて、何とか内藤を登板させ、
でもここまで来ると後は案外楽でした


一軍初登板のルーキーっていう条件は、話が作りやすかったんですね
ピンチやその切り抜け方が特にそうです
これは制約を逆に利用した形になっています

ただこの作品で一番ネックだったのは、
敵味方あわせて18人のキャラを、一試合で描ききらなければならなかった部分ですね
味方の9人は特にそうです

これはストーリー構成上、一番苦労しました
話の都合上、10イニングで終わらせなきゃだったので、
見せ場作りが大変で・・・

その見せ場も、中には薄いキャラがいて、ちょっと悔しかったりもします
ただ当時はあれが限界でした・・・

話はヴィッパーズが勝つわけですが、これは最初少し迷いました
あえて負けるのもありかな、と思ったときがあったんです
でも話の終わり方がスッキリしそうになかったんでやめました


全体の流れとして今になって反省しているのは、クロスプレーがちょっと多かったことですね
あれは当時、球審をロケッターズ寄りと匂わせていたので、
その伏線を膨らませるためだったのですが、
今にして思うとちょっと多かったかなぁと

一回か二回は削っても良かったかもですね


次回はストーリーの細部について


【2007/08/29 22:51】 | 自己作品について
トラックバック(0) |


名無しさん
総合合作お疲れ様でした


◆azwd/t2EpE
ありがとうございます
色々と大変なこともありましたが何とか形にできました
達成感たっぷりです


名無しさん
運命の一戦はブーンの登板自体はやや臭かったような印象もあったんですが、その後は素で面白かった印象が強いです。
総合合作もお疲れ様でした、まだ未読なのでこれからまとめ読みたいと思います。

余談ですが雑記ではないかと思います


◆azwd/t2EpE
うお、ホントですね
教えてくださりありがとうございます


名無しさん
もしよかったらドクオの策略~についてのエピソードとかもあれば教えて下さい
ほんと大好きなんですw


◆azwd/t2EpE
ありがとうございます
運命の一戦についての回顧が終わったら、
「ドクオの策略」について振り返ってみようと思ってます

あの作品は色々チャレンジしたり、想いを込めたり、
自分自身思い入れがある作品です
策略について振り返るときは、是非お読みいただけると嬉しいです

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
総合合作お疲れ様でした
2007/09/01(Sat) 00:57 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
ありがとうございます
色々と大変なこともありましたが何とか形にできました
達成感たっぷりです
2007/09/01(Sat) 03:59 | URL  | ◆azwd/t2EpE #3mUviMwU[ 編集]
運命の一戦はブーンの登板自体はやや臭かったような印象もあったんですが、その後は素で面白かった印象が強いです。
総合合作もお疲れ様でした、まだ未読なのでこれからまとめ読みたいと思います。

余談ですが雑記ではないかと思います
2007/09/04(Tue) 00:01 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
うお、ホントですね
教えてくださりありがとうございます
2007/09/04(Tue) 18:17 | URL  | ◆azwd/t2EpE #3mUviMwU[ 編集]
もしよかったらドクオの策略~についてのエピソードとかもあれば教えて下さい
ほんと大好きなんですw
2007/09/07(Fri) 19:08 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
ありがとうございます
運命の一戦についての回顧が終わったら、
「ドクオの策略」について振り返ってみようと思ってます

あの作品は色々チャレンジしたり、想いを込めたり、
自分自身思い入れがある作品です
策略について振り返るときは、是非お読みいただけると嬉しいです
2007/09/07(Fri) 23:35 | URL  | ◆azwd/t2EpE #3mUviMwU[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。