◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンマスターという作品は多くのキャラが登場しました
自分が引き継いだ時点で既に10を超えるメインキャラがいました

まず、それらのキャラについて完璧に把握する必要がありました
このキャラはどういう考えをしているのか、どういった行動を取るのか
どういう喋り方か、などの基本的な部分もそうです

その把握にはひたすら苦心しました
第14話からしばらくの頃を今見直すと、かなり迷走してるのが分かります・・・
ラッタの関西弁も変ですし・・・

とりあえずキャラは何とかなったんですが、今度はストーリー的な問題が出てきました
前の作者さんから「~~っていう展開を考えてた」っていう話を伺ったので、最低限それに沿う形で話を作ったのですが、
実は第13話までに引かれた伏線の消化を考えていなかったそうなんです
例えばスーがマサラに行ったとき「ここは姉さんの匂いがする」って言ったり、
ヒトカゲがやたら捨てられることを恐れた理由とか、スーがポケモン図鑑狙った理由とか、
セニの両親に何かあったことを匂わせるセリフとかですね

ただ「平和派」「過激派」に関しての設定はかなり固まっていたので、
ロケット団絡みの展開は比較的楽に書くことができました
そのとき既にしぃが死んじゃうこともルーが死んじゃうことも決まっていたので

予め決められていた展開は、ラプラスが消えちゃうところもそうです
ルーと同じようにラプラスがほろびの歌を唄って、それをツンが止める、っていうシーンですね
あそこらへんは前作者さんの構想に沿って書いたものでした

しかし、中には前作者さんの構想を変えて書かせていただいた部分もありました
そこらへんの話と、新たな前作者さんの要望に関する部分は、また次回に致します


【2007/08/04 16:54】 | 自己作品について
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。