◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ペニサス伊藤という名の彼女から詳しい事情を聞きだして、すぐに携帯の探索を始めた。
 そして何の脈絡もなくすぐに携帯は見つかった。
 彼女が毎日使ってる駅の付近で発見した。

('、`*川「何でも屋さんスッゲー! マジかっけー!!」

 大興奮のペニちゃんのテンションについていけず、若くないことを自覚してしまっただけの依頼はあっさり終わった。
 依頼料は3000円。この金額より安い依頼はその後一回もない。

 ちなみにこの3000円は今でも使わずに取っておいてあったりする。
 初依頼記念ってことで。

('、`*川「マジ尊敬しました! 助かりました! ありがとうございます!」

ξ*゚ー゚)ξ「……いえいえ」

 ペニちゃんは心の底から喜んでくれていた。
 困っていた人は皆、事態が解決を見ると、こんな風に喜びを露わにする。
 それが私は嬉しかった。

 何でも屋という職業に誇りを持つようになったのは、そのときから。

 それ以降、依頼がぽつりぽつりと来るようになった。
 定番の猫探しから庭のお掃除、欠員が出たときの臨時バイトなど。

 内容も依頼金も様々だったけど、とにかく引き受けた。
 まずは知名度を高める必要があると思ったから。

 おかげさまで何とか生活していける程度にはなったけれど、まだまだ満足はできない。
 いずれは人員を増強し、たくさんの人を助けられるようになりたいから。
 今は人の少ないの寂しい『何でも屋』だけど、ゆくゆくは誰もが知っているような場所にするのが目標だった。

ξ゚⊿゚)ξ「……あ、メイクするの忘れてた」

 過去の思い出に浸って懐かしんでいる間に、もう時計の短針は上を向き始めていた。
 こんなに朝早くから依頼が来るとは思えないけど、プロとしては当然、いつでも準備万端にしとかないとね。
 軽めのメイクを手早く終え、再びソファーへと向かった。

ξ゚⊿゚)ξ「……ん?」

 紅茶とクッキーを取りに行くべく、ソファーへと向かっていた体を反転させた。
 そのとき、人の気配に気付いた。

 そしてやはり叩かれる扉。
 どうやら依頼が来たみたい。

ξ゚⊿゚)ξ「はーい」

 スリッパの音をパタパタと立てながら移動し、扉の向こうの依頼者を招きいれた。
 いや、招きいれようとした。

 それができなかったのは、相手の姿を見た瞬間に思わず固まってしまったからだった。


その4へ




追記を閉じる▲
 ペニサス伊藤という名の彼女から詳しい事情を聞きだして、すぐに携帯の探索を始めた。
 そして何の脈絡もなくすぐに携帯は見つかった。
 彼女が毎日使ってる駅の付近で発見した。

('、`*川「何でも屋さんスッゲー! マジかっけー!!」

 大興奮のペニちゃんのテンションについていけず、若くないことを自覚してしまっただけの依頼はあっさり終わった。
 依頼料は3000円。この金額より安い依頼はその後一回もない。

 ちなみにこの3000円は今でも使わずに取っておいてあったりする。
 初依頼記念ってことで。

('、`*川「マジ尊敬しました! 助かりました! ありがとうございます!」

ξ*゚ー゚)ξ「……いえいえ」

 ペニちゃんは心の底から喜んでくれていた。
 困っていた人は皆、事態が解決を見ると、こんな風に喜びを露わにする。
 それが私は嬉しかった。

 何でも屋という職業に誇りを持つようになったのは、そのときから。

 それ以降、依頼がぽつりぽつりと来るようになった。
 定番の猫探しから庭のお掃除、欠員が出たときの臨時バイトなど。

 内容も依頼金も様々だったけど、とにかく引き受けた。
 まずは知名度を高める必要があると思ったから。

 おかげさまで何とか生活していける程度にはなったけれど、まだまだ満足はできない。
 いずれは人員を増強し、たくさんの人を助けられるようになりたいから。
 今は人の少ないの寂しい『何でも屋』だけど、ゆくゆくは誰もが知っているような場所にするのが目標だった。

ξ゚⊿゚)ξ「……あ、メイクするの忘れてた」

 過去の思い出に浸って懐かしんでいる間に、もう時計の短針は上を向き始めていた。
 こんなに朝早くから依頼が来るとは思えないけど、プロとしては当然、いつでも準備万端にしとかないとね。
 軽めのメイクを手早く終え、再びソファーへと向かった。

ξ゚⊿゚)ξ「……ん?」

 紅茶とクッキーを取りに行くべく、ソファーへと向かっていた体を反転させた。
 そのとき、人の気配に気付いた。

 そしてやはり叩かれる扉。
 どうやら依頼が来たみたい。

ξ゚⊿゚)ξ「はーい」

 スリッパの音をパタパタと立てながら移動し、扉の向こうの依頼者を招きいれた。
 いや、招きいれようとした。

 それができなかったのは、相手の姿を見た瞬間に思わず固まってしまったからだった。


その4へ



【2008/04/15 22:29】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
引きうめぇw
しかし毎日ちょっとずつ読むのもいいもんだな


名無しさん
あぁっ!中の人の焦らし上手っ!


名無しさん
支援

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
引きうめぇw
しかし毎日ちょっとずつ読むのもいいもんだな
2008/04/15(Tue) 22:43 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
あぁっ!中の人の焦らし上手っ!
2008/04/16(Wed) 10:25 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
支援
2008/04/16(Wed) 11:01 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。