◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 左腕を掴まれる。
 そのまま男はゆっくり後ろに下がった。
 私も、転ばないように注意しながら、後ずさりする。

 通りからは見えにくい路地裏に入った。
 名前も雰囲気も怪しい店がたくさん並んでる。
 ただ、ほとんど営業はしてないみたいだった。

(メ± ±)「さぁーてと……頼みたいことについて話そか」

 肩を軽く掴まれ、引かれた。
 半身になり、男の顔を視認する。
 頬に何とも分かりやすい傷があった。

(メ± ±)「東名高速では世話んなったなぁ。俺やのうて、俺の部下がな」

ξ;゚⊿゚)ξ「…………」

(メ± ±)「アンタのせいで、俺の部下はボコられまくって鼻血まみれや。おーおー、可哀想に」

ξ;゚⊿゚)ξ(……そんなこと言われたって……)

(メ± ±)「まぁそれはえぇわ……アンタが俺の頼み聞いてくれたら、なーんも問題ない」

 男の左手は、上着の中に突っ込まれていた。
 確認はできない。できないけど、私にだって分かる。
 男が左手で握っているものが、何なのかくらい。

(メ± ±)「頼みっちゅーのは簡単や。帰京するときもアンタが運転すんねやろ?」

(メ± ±)「そんときに、思きしハンドル切りまくるだけや」

ξ゚⊿゚)ξ「ッ……!!」

(メ± ±)「な? 簡単やろ?」

 言葉の意味が分からない。
 そんなフリを、できればしていたかった。

(メ± ±)「せやなぁ、高速がえぇかな。ハイスピードで、外壁か中央分離帯にドン!」

(メ± ±)「アンタはベンツの運転なんて不慣れやろ?
     やったら、ハンドルの切りすぎなんてなーんもおかしない。
     実際こっち来るときも、ハンドル切りすぎて右折失敗しかけとったらしいしなぁ」

(メ± ±)「それに、今のクルマの運転席は安全性高いからのぉ。
     アンタはまぁ、死なんやろ。骨の脆いジジイは分からんけどな。
     ま、最悪死なんかっても、入院でもしてくれたら御の字っちゅーとこや。ハハハハハ」

 ――――今まで、ずっと。

 今までずっと、最初に受けた依頼が最悪だと思っていた。
 小太りのオジさんが、私に卑猥なことを要求してきた依頼。
 あれほど嫌悪感を抱かされ、屈辱を感じることは、もう二度とないだろう、と。

 でも、違った。
 もっと最悪な依頼が、あった。

 叩きだしてほしくもないワースト記録を、あっさり塗り替えてくれた。


その24へ




追記を閉じる▲
 左腕を掴まれる。
 そのまま男はゆっくり後ろに下がった。
 私も、転ばないように注意しながら、後ずさりする。

 通りからは見えにくい路地裏に入った。
 名前も雰囲気も怪しい店がたくさん並んでる。
 ただ、ほとんど営業はしてないみたいだった。

(メ± ±)「さぁーてと……頼みたいことについて話そか」

 肩を軽く掴まれ、引かれた。
 半身になり、男の顔を視認する。
 頬に何とも分かりやすい傷があった。

(メ± ±)「東名高速では世話んなったなぁ。俺やのうて、俺の部下がな」

ξ;゚⊿゚)ξ「…………」

(メ± ±)「アンタのせいで、俺の部下はボコられまくって鼻血まみれや。おーおー、可哀想に」

ξ;゚⊿゚)ξ(……そんなこと言われたって……)

(メ± ±)「まぁそれはえぇわ……アンタが俺の頼み聞いてくれたら、なーんも問題ない」

 男の左手は、上着の中に突っ込まれていた。
 確認はできない。できないけど、私にだって分かる。
 男が左手で握っているものが、何なのかくらい。

(メ± ±)「頼みっちゅーのは簡単や。帰京するときもアンタが運転すんねやろ?」

(メ± ±)「そんときに、思きしハンドル切りまくるだけや」

ξ゚⊿゚)ξ「ッ……!!」

(メ± ±)「な? 簡単やろ?」

 言葉の意味が分からない。
 そんなフリを、できればしていたかった。

(メ± ±)「せやなぁ、高速がえぇかな。ハイスピードで、外壁か中央分離帯にドン!」

(メ± ±)「アンタはベンツの運転なんて不慣れやろ?
     やったら、ハンドルの切りすぎなんてなーんもおかしない。
     実際こっち来るときも、ハンドル切りすぎて右折失敗しかけとったらしいしなぁ」

(メ± ±)「それに、今のクルマの運転席は安全性高いからのぉ。
     アンタはまぁ、死なんやろ。骨の脆いジジイは分からんけどな。
     ま、最悪死なんかっても、入院でもしてくれたら御の字っちゅーとこや。ハハハハハ」

 ――――今まで、ずっと。

 今までずっと、最初に受けた依頼が最悪だと思っていた。
 小太りのオジさんが、私に卑猥なことを要求してきた依頼。
 あれほど嫌悪感を抱かされ、屈辱を感じることは、もう二度とないだろう、と。

 でも、違った。
 もっと最悪な依頼が、あった。

 叩きだしてほしくもないワースト記録を、あっさり塗り替えてくれた。


その24へ



【2008/05/05 20:52】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
dkdk・・・


名無しさん
wktk


名無しさん
あの右折失敗も伏線だったわけか・・・


名無しさん
究極の選択…

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
dkdk・・・
2008/05/05(Mon) 21:53 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
wktk
2008/05/05(Mon) 22:53 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
あの右折失敗も伏線だったわけか・・・
2008/05/05(Mon) 23:31 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
究極の選択…
2008/05/06(Tue) 08:53 | URL  | 名無しさん #XSHodX8M[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。