◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/ ,' 3「あれは綿谷組という組のやつらでのう。一見、三河組とは何の繋がりもないんじゃ。
   ところが、裏で利害が一致しておる。詳しくはまたいずれ、話す機会もあるじゃろう」

ξ;゚⊿゚)ξ「はぁ……」

/ ,' 3「綿谷組は、ワシが死んでも大して影響がない。しかし、三河組の躍進は大いに影響がある。
   だから三河組に頼まれて、ワシを狙いに来たんじゃな」

/ ,' 3「さっきツンさんに銃を向けたボケナスは、綿谷組の幹部じゃよ。
   あんなやつ殺しても何の旨味もない。だから生かしておいたがのう」

ξ゚⊿゚)ξ「でも、また荒巻さんを狙ってくる可能性も……」

/ ,' 3「いやいや。ワシらの世界は義理に堅く、また仁義を重んじるんじゃ。
   だから、命を取らんかった場合は、何かしらの形で恩を返してくる」

/ ,' 3「ま、確実とは言えんがのう。そういう可能性に賭けてみたんじゃよ。
   さっきのあやつは、粗暴じゃったが、頭は悪くなさそうじゃったしの」

 さっきまで銃を向け合った間柄なのに……?
 素人の私には、俄かに信じがたい話だけど……でも、そういうときもあるのかなぁ……。

 もしかしたら、荒巻組長は、山内組の力を示威したかったんじゃないかな?
 懐の深さとか、器の大きさとか。山内組を敵に回すことの恐ろしさとか……?
 だからあえて引き金を引かなかった……のかも知れない。

 なんにせよ、すっきりした。
 分からなかったことも、だいたい理解できた。

/ ,' 3「ホントに、すまんかったのう。命の危険に晒すような真似を……」

ξ゚⊿゚)ξ「それは、助けていただいたからいいんですけど……あの事態も予測済みだったんですか?」

/ ,' 3「そうじゃの。実は、最初から見ておったんじゃよ」

ξ;゚⊿゚)ξ「えっ……」

/ ,' 3「全部含めて、すまんかった。ツンさんを試させてもらったんじゃ」

 そ、それはちょっと……。
 私が銃に怯えながら、必死で言葉を放ちつづけた姿も全部、見られてたの……?

/ ,' 3「もしあの男が引き金を引くような真似をすれば、即座に頭を吹っ飛ばす予定じゃった。
   ギコとフサギコはあぁ見えても腕利きでな。気配を絶って、ずっと物影から狙っておったんじゃよ」

/ ,' 3「だから、ツンさんの安全に関しては心配しとらんかったが……怯えさせてしもうたのは、悪かったと反省しとる」

ξ゚⊿゚)ξ「いえ……」

 確かに怖かったけど、まぁ助かったからもういいかな……って気分だった。
 甘いのかな……もっと怒るべき? でも、別に腹立たしい気持ちは湧いてこなかった。

 むしろ、あのときもし私が、あの男に『協力するフリ』でもしていた場合。
 逆に頭を吹っ飛ばされていたのは、私のほうだったのかも……なんて。
 そんな鳥肌の立つことを考えちゃったりもした。

/ ,' 3「ツンさんは、"試す"なんて傲慢な気持ちを抱えていた自分が恥ずかしくなるくらい、最後まで筋を通してくれたの」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

/ ,' 3「本当に、ありがとう」

 ……まだ、ここで終わりじゃない。
 帰り道も私がクルマを運転しなきゃいけない。

 でも、聞いちゃった。
 『ありがとう』を、聞いちゃった。

 その言葉は、私の心に、ひとつの区切りをつける。

ξ*゚ー゚)ξ「……こちらこそ」

 事実を黙られていたことや、試されていたことも、どうでも良くなっちゃった。
 ありがとう。なんて不思議な言葉だろう。
 心を優しく浮き上がらせてくれる。

 依頼を成し遂げた気持ちが、その心には満ち溢れていた。


その30へ




追記を閉じる▲
/ ,' 3「あれは綿谷組という組のやつらでのう。一見、三河組とは何の繋がりもないんじゃ。
   ところが、裏で利害が一致しておる。詳しくはまたいずれ、話す機会もあるじゃろう」

ξ;゚⊿゚)ξ「はぁ……」

/ ,' 3「綿谷組は、ワシが死んでも大して影響がない。しかし、三河組の躍進は大いに影響がある。
   だから三河組に頼まれて、ワシを狙いに来たんじゃな」

/ ,' 3「さっきツンさんに銃を向けたボケナスは、綿谷組の幹部じゃよ。
   あんなやつ殺しても何の旨味もない。だから生かしておいたがのう」

ξ゚⊿゚)ξ「でも、また荒巻さんを狙ってくる可能性も……」

/ ,' 3「いやいや。ワシらの世界は義理に堅く、また仁義を重んじるんじゃ。
   だから、命を取らんかった場合は、何かしらの形で恩を返してくる」

/ ,' 3「ま、確実とは言えんがのう。そういう可能性に賭けてみたんじゃよ。
   さっきのあやつは、粗暴じゃったが、頭は悪くなさそうじゃったしの」

 さっきまで銃を向け合った間柄なのに……?
 素人の私には、俄かに信じがたい話だけど……でも、そういうときもあるのかなぁ……。

 もしかしたら、荒巻組長は、山内組の力を示威したかったんじゃないかな?
 懐の深さとか、器の大きさとか。山内組を敵に回すことの恐ろしさとか……?
 だからあえて引き金を引かなかった……のかも知れない。

 なんにせよ、すっきりした。
 分からなかったことも、だいたい理解できた。

/ ,' 3「ホントに、すまんかったのう。命の危険に晒すような真似を……」

ξ゚⊿゚)ξ「それは、助けていただいたからいいんですけど……あの事態も予測済みだったんですか?」

/ ,' 3「そうじゃの。実は、最初から見ておったんじゃよ」

ξ;゚⊿゚)ξ「えっ……」

/ ,' 3「全部含めて、すまんかった。ツンさんを試させてもらったんじゃ」

 そ、それはちょっと……。
 私が銃に怯えながら、必死で言葉を放ちつづけた姿も全部、見られてたの……?

/ ,' 3「もしあの男が引き金を引くような真似をすれば、即座に頭を吹っ飛ばす予定じゃった。
   ギコとフサギコはあぁ見えても腕利きでな。気配を絶って、ずっと物影から狙っておったんじゃよ」

/ ,' 3「だから、ツンさんの安全に関しては心配しとらんかったが……怯えさせてしもうたのは、悪かったと反省しとる」

ξ゚⊿゚)ξ「いえ……」

 確かに怖かったけど、まぁ助かったからもういいかな……って気分だった。
 甘いのかな……もっと怒るべき? でも、別に腹立たしい気持ちは湧いてこなかった。

 むしろ、あのときもし私が、あの男に『協力するフリ』でもしていた場合。
 逆に頭を吹っ飛ばされていたのは、私のほうだったのかも……なんて。
 そんな鳥肌の立つことを考えちゃったりもした。

/ ,' 3「ツンさんは、"試す"なんて傲慢な気持ちを抱えていた自分が恥ずかしくなるくらい、最後まで筋を通してくれたの」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

/ ,' 3「本当に、ありがとう」

 ……まだ、ここで終わりじゃない。
 帰り道も私がクルマを運転しなきゃいけない。

 でも、聞いちゃった。
 『ありがとう』を、聞いちゃった。

 その言葉は、私の心に、ひとつの区切りをつける。

ξ*゚ー゚)ξ「……こちらこそ」

 事実を黙られていたことや、試されていたことも、どうでも良くなっちゃった。
 ありがとう。なんて不思議な言葉だろう。
 心を優しく浮き上がらせてくれる。

 依頼を成し遂げた気持ちが、その心には満ち溢れていた。


その30へ



【2008/05/11 21:13】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
ツン可愛いよツン(*´Д`)


名無しさん
ツンはお人好しだなぁ


VIPPERな名無しさん
>詳しくはまたいずれ、話す機会もあるじゃろう

仕事はまだ長いのか……ツン乙

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ツン可愛いよツン(*´Д`)
2008/05/11(Sun) 23:20 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
ツンはお人好しだなぁ
2008/05/12(Mon) 09:49 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
>詳しくはまたいずれ、話す機会もあるじゃろう

仕事はまだ長いのか……ツン乙
2008/05/12(Mon) 18:04 | URL  | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。