◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 荒巻組長は、奥さんが死んでから寂しかったのかも知れないけど……。
 やっぱり、私にそれを向けるのは間違ってる!
 ダメなことは、ダメ。ちゃんと反省してもらわなきゃ。

 翌朝、朝9時頃にホテルをチェックアウトして、黒のベンツに四人で乗り込んだ。
 荒巻組長はずっと反省の言葉を口にしている。

/ ,' 3「ホントにすまんかったのぉ……」

 しゅんとした姿に、山内組の長としての威厳は欠片もない。
 夜のうちにしっかり反省してくれたみたい。

ξ゚⊿゚)ξ「過ぎたことですから、もういいですけど……でも、二度とやっちゃダメですよ?」

/ ,' 3「うむ……悔い改めるつもりじゃよ」

 そう言った荒巻組長は、しょげた顔だったけど、でも、何故だか光が感じられた。
 簡単に言えば、表情がどこか明るい。
 私にしたことは反省したみたいだけど、別の好材料が顔に光を生み出したようだった。

(,,゚Д゚)「組長、ちょっと元気になったみたいなんだ」

 助手席に座ったギコさんが、足を組みながら言った。
 そのギコさんもどことなく元気な顔に見える。

ξ゚⊿゚)ξ「私にしたことが関係してるんですか?」

(,,;゚Д゚)「いや、まぁ……それもあるかも知れねぇけど……ホントにすまねぇ。
     でも多分、理由はもうちょっと違うところにあるんだ」

ξ゚⊿゚)ξ「違うところ……ですか」

(,,゚Д゚)「実は俺にもよく分かんねぇ。けど、元気になってくれたのは間違いない」

(,,゚Д゚)「そしてそれが、ツンさんのおかげだ、ってことも」

ξ゚ー゚)ξ「…………」

 荒巻組長が何で元気になったか、私には、何となくわかるけどね。
 でも、ギコさんとフサギコさんには言わないでおこっと。

(,,゚Д゚)「本当にありがとう、ツンさん」

ξ*゚ー゚)ξ「いえいえ」

(,,;゚Д゚)「何で笑ってるんだ?」

ξ*゚ー゚)ξ「何でもありませんよ」

 帰りのドライブは、変なクルマも追ってこなくて、そりゃもう快適そのものだった。
 一人だったら『オー・シャンゼリゼ』でも歌いながら運転してただろうなぁ、ってくらい。

 東京までも、あっという間だった気がした。
 高速を降りたあとは、途中で遅めのお昼ごはんを食べて、すぐに荒巻組長の家に向かう。
 一度行けば道は忘れない。ギコさんのナビに頼らずとも目的地に到着できた。


その33へ




追記を閉じる▲
 荒巻組長は、奥さんが死んでから寂しかったのかも知れないけど……。
 やっぱり、私にそれを向けるのは間違ってる!
 ダメなことは、ダメ。ちゃんと反省してもらわなきゃ。

 翌朝、朝9時頃にホテルをチェックアウトして、黒のベンツに四人で乗り込んだ。
 荒巻組長はずっと反省の言葉を口にしている。

/ ,' 3「ホントにすまんかったのぉ……」

 しゅんとした姿に、山内組の長としての威厳は欠片もない。
 夜のうちにしっかり反省してくれたみたい。

ξ゚⊿゚)ξ「過ぎたことですから、もういいですけど……でも、二度とやっちゃダメですよ?」

/ ,' 3「うむ……悔い改めるつもりじゃよ」

 そう言った荒巻組長は、しょげた顔だったけど、でも、何故だか光が感じられた。
 簡単に言えば、表情がどこか明るい。
 私にしたことは反省したみたいだけど、別の好材料が顔に光を生み出したようだった。

(,,゚Д゚)「組長、ちょっと元気になったみたいなんだ」

 助手席に座ったギコさんが、足を組みながら言った。
 そのギコさんもどことなく元気な顔に見える。

ξ゚⊿゚)ξ「私にしたことが関係してるんですか?」

(,,;゚Д゚)「いや、まぁ……それもあるかも知れねぇけど……ホントにすまねぇ。
     でも多分、理由はもうちょっと違うところにあるんだ」

ξ゚⊿゚)ξ「違うところ……ですか」

(,,゚Д゚)「実は俺にもよく分かんねぇ。けど、元気になってくれたのは間違いない」

(,,゚Д゚)「そしてそれが、ツンさんのおかげだ、ってことも」

ξ゚ー゚)ξ「…………」

 荒巻組長が何で元気になったか、私には、何となくわかるけどね。
 でも、ギコさんとフサギコさんには言わないでおこっと。

(,,゚Д゚)「本当にありがとう、ツンさん」

ξ*゚ー゚)ξ「いえいえ」

(,,;゚Д゚)「何で笑ってるんだ?」

ξ*゚ー゚)ξ「何でもありませんよ」

 帰りのドライブは、変なクルマも追ってこなくて、そりゃもう快適そのものだった。
 一人だったら『オー・シャンゼリゼ』でも歌いながら運転してただろうなぁ、ってくらい。

 東京までも、あっという間だった気がした。
 高速を降りたあとは、途中で遅めのお昼ごはんを食べて、すぐに荒巻組長の家に向かう。
 一度行けば道は忘れない。ギコさんのナビに頼らずとも目的地に到着できた。


その33へ



【2008/05/14 21:32】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
お~~しゃんぜり~ぜ~~♪



名無しさん
いつも~何か~ステキな~ことが~♪
あーなたーを待つよ~ シャンゼリ~ゼ~♪


名無しさん
そろそろ終わりっぽいね


名無しさん
>ギコさんのナビ

ギコナビ・・・


名無しさん
↑迂闊にも吹いた

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お~~しゃんぜり~ぜ~~♪
2008/05/14(Wed) 23:07 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
いつも~何か~ステキな~ことが~♪
あーなたーを待つよ~ シャンゼリ~ゼ~♪
2008/05/14(Wed) 23:10 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
そろそろ終わりっぽいね
2008/05/15(Thu) 18:34 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
>ギコさんのナビ

ギコナビ・・・
2008/05/16(Fri) 05:20 | URL  | 名無しさん #SFo5/nok[ 編集]
↑迂闊にも吹いた
2008/09/07(Sun) 01:24 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。