◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ギコさんとフサギコさんもここで降りる。
 当然、クルマは返さなきゃいけなくて、私はタクシー代だけをギコさんから受け取った。

(,,゚Д゚)「ちゃんとした依頼料は、また後日振り込むよ」

ξ゚⊿゚)ξ「はい」

 門の前で、三人との別れ。
 昨日一日を共に過ごした仲だから、やっぱり寂しさはあるけど……。
 でも、永遠の離別じゃないもんね。また、いつだって会える。

/ ,' 3「また会える日を楽しみにしておるよ」

ミ,,゚Д゚彡「あぁ。またな」

(,,゚Д゚)「色々と、ありがとう」


ξ*゚ー゚)ξ「ありがとうございました」


 深々と頭を下げて、三人に手を振った。

 タクシーを拾って、恋しい我が事務所に戻った。
 一晩離れてただけでもホームシックにかかるくらい、私はここが好き。
 例え向かいのビルのせいで陽が射し込まなくなったって、好き。

 まぁ、日差しがあればもっと好きなんだけどね。
 なんてことを思いながら、事務所の扉を開けた。

ξ゚⊿゚)ξ「……あれ?」

 開けた瞬間、違和感に気づいた。
 屋内から、人の気配がしない。

ξ゚⊿゚)ξ「シューちゃん? 居ないの?」

 事務所内がキレイに片付いてるのはいつものこと。
 シューちゃんは絶対に汚さないから。

 違和感を覚えたのは、そんなことじゃなくて。
 いつも留守番を頼むときは部屋に泊っていくのに、何故かシューちゃんがいない。
 事務所の扉も、鍵が掛けられてなかった。だからシューちゃんが居るんだ、と思ったのに……。

ξ゚⊿゚)ξ「シューちゃん……?」

 そこで、あっと小さく声が出た。
 私の口からだ。

 携帯に何か連絡が来てるかも知れない。
 確認するのをすっかり、忘れてた。

 急いで携帯を鞄から取り出した。
 サブディスプレイが青い光を放っている。新着メールがあるってことだ。
 やっぱり、携帯に連絡が入ってた。私はほっとして、思わず息を漏らしながら、携帯を開く。


 そして、その携帯が、手から滑り落ちた。


 画面に、新着メールの文章を表示したままで。







『た すけて』















 第1話 終わり

     ~to be continued



追記を閉じる▲
 ギコさんとフサギコさんもここで降りる。
 当然、クルマは返さなきゃいけなくて、私はタクシー代だけをギコさんから受け取った。

(,,゚Д゚)「ちゃんとした依頼料は、また後日振り込むよ」

ξ゚⊿゚)ξ「はい」

 門の前で、三人との別れ。
 昨日一日を共に過ごした仲だから、やっぱり寂しさはあるけど……。
 でも、永遠の離別じゃないもんね。また、いつだって会える。

/ ,' 3「また会える日を楽しみにしておるよ」

ミ,,゚Д゚彡「あぁ。またな」

(,,゚Д゚)「色々と、ありがとう」


ξ*゚ー゚)ξ「ありがとうございました」


 深々と頭を下げて、三人に手を振った。

 タクシーを拾って、恋しい我が事務所に戻った。
 一晩離れてただけでもホームシックにかかるくらい、私はここが好き。
 例え向かいのビルのせいで陽が射し込まなくなったって、好き。

 まぁ、日差しがあればもっと好きなんだけどね。
 なんてことを思いながら、事務所の扉を開けた。

ξ゚⊿゚)ξ「……あれ?」

 開けた瞬間、違和感に気づいた。
 屋内から、人の気配がしない。

ξ゚⊿゚)ξ「シューちゃん? 居ないの?」

 事務所内がキレイに片付いてるのはいつものこと。
 シューちゃんは絶対に汚さないから。

 違和感を覚えたのは、そんなことじゃなくて。
 いつも留守番を頼むときは部屋に泊っていくのに、何故かシューちゃんがいない。
 事務所の扉も、鍵が掛けられてなかった。だからシューちゃんが居るんだ、と思ったのに……。

ξ゚⊿゚)ξ「シューちゃん……?」

 そこで、あっと小さく声が出た。
 私の口からだ。

 携帯に何か連絡が来てるかも知れない。
 確認するのをすっかり、忘れてた。

 急いで携帯を鞄から取り出した。
 サブディスプレイが青い光を放っている。新着メールがあるってことだ。
 やっぱり、携帯に連絡が入ってた。私はほっとして、思わず息を漏らしながら、携帯を開く。


 そして、その携帯が、手から滑り落ちた。


 画面に、新着メールの文章を表示したままで。







『た すけて』















 第1話 終わり

     ~to be continued


【2008/05/15 21:42】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
ホゥ…
乙でした。



名無しさん
これで第一話なのか…乙!


この先に期待


名無しさん
一話だったのか…乙でした


名無しさん
何という気になる引きw
乙でしたー、面白かったです。


名無しさん
乙です、鳥肌たった!
ツンと内藤も気になるーー

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ホゥ…
乙でした。
2008/05/15(Thu) 21:54 | URL  | 名無しさん #gVrIp3A2[ 編集]
これで第一話なのか…乙!


この先に期待
2008/05/15(Thu) 21:56 | URL  | 名無しさん #NkOZRVVI[ 編集]
一話だったのか…乙でした
2008/05/15(Thu) 22:13 | URL  | 名無しさん #XSHodX8M[ 編集]
何という気になる引きw
乙でしたー、面白かったです。
2008/05/15(Thu) 23:37 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
乙です、鳥肌たった!
ツンと内藤も気になるーー
2008/05/17(Sat) 23:10 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。