◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('、`*川「お客さん? じゃー帰ります」

ξ゚⊿゚)ξ「ゴメンね、ペニちゃん」

('、`*川「いやいや、今日もありがとでした」

('、`*川「……あ、そういえば」

ξ゚⊿゚)ξ「ん?」

('、`*川「前に言ってたストーカーは、もう捕まえました?」

 こっそり耳打ちするみたいな声でペニちゃんは言う。
 別に隠すことじゃないのに……。

ξ゚⊿゚)ξ「いや、まだだよ……っていうか、ストーカーじゃないし、捕まえたりもしないし……」

('、`*川「そーなんですか。でも、なんかメチャクチャ怪しかったんでしょ?」

ξ゚⊿゚)ξ「らしいけど……でも、細かいことは全然分かってなくて……」

('、`*川「なんか分かったらアタシにも教えてくださいね」

ξ゚⊿゚)ξ「うん、今日はありがとうございました」

('、`*川「ありがとうございましたー……っと……」

('、`*川「……あれ?」

 二階にある事務所の階段を昇る音が、止まった。
 ペニちゃんが扉を開けた先に立っていたのは、少し小柄で、若い男の人。
 ……っていうか、高校生?

(;'A`)「……え?」

('、`*川「ドクオ? あんた、何やってんの?」

(;'A`)「え、え、え?」

ξ;゚⊿゚)ξ「なに? 知り合い?」

('、`*川「毎日顔合わせてますよ。同じクラスですもん」

ξ;゚⊿゚)ξ「うそっ……」

(;'A`)「な、え、うそ……あの……」

(;'A`)「……し、失礼しました!」

 くるりと背を向けて、扉を閉めかけた。
 そう、閉めかけた。

 閉められなかったのは、ペニちゃんが扉を抑えてたからだった。

('、`*川「なーんでアタシを見て逃げんのよ、ムカつく」

(;'A`)「ち、ちが」

('、`*川「違わないでしょ。さっさと入りなさいよ、ホラ」

(;'A`)「い、いや、だから」

('、`#川「ウザい! 早く入れ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょっ……!!」

 肩を掴んで、ひょいっと室内に引きずりこむペニちゃん。
 ……女の子にあんな軽々引っ張られるなんて……確かに痩身だけど……。

 観念したように肩を窄めながら、ソファーに腰を降ろす男の子。
 えーっと……ドクオくんだっけ?

 シューちゃんが淹れてくれたお茶を、ちょびちょび啜りながら、ドクオくんは伏し目がちにこっちを見る。
 うーん……思春期特有の照れ、みたいなのがある気がするなぁ……。


その4へ




追記を閉じる▲
('、`*川「お客さん? じゃー帰ります」

ξ゚⊿゚)ξ「ゴメンね、ペニちゃん」

('、`*川「いやいや、今日もありがとでした」

('、`*川「……あ、そういえば」

ξ゚⊿゚)ξ「ん?」

('、`*川「前に言ってたストーカーは、もう捕まえました?」

 こっそり耳打ちするみたいな声でペニちゃんは言う。
 別に隠すことじゃないのに……。

ξ゚⊿゚)ξ「いや、まだだよ……っていうか、ストーカーじゃないし、捕まえたりもしないし……」

('、`*川「そーなんですか。でも、なんかメチャクチャ怪しかったんでしょ?」

ξ゚⊿゚)ξ「らしいけど……でも、細かいことは全然分かってなくて……」

('、`*川「なんか分かったらアタシにも教えてくださいね」

ξ゚⊿゚)ξ「うん、今日はありがとうございました」

('、`*川「ありがとうございましたー……っと……」

('、`*川「……あれ?」

 二階にある事務所の階段を昇る音が、止まった。
 ペニちゃんが扉を開けた先に立っていたのは、少し小柄で、若い男の人。
 ……っていうか、高校生?

(;'A`)「……え?」

('、`*川「ドクオ? あんた、何やってんの?」

(;'A`)「え、え、え?」

ξ;゚⊿゚)ξ「なに? 知り合い?」

('、`*川「毎日顔合わせてますよ。同じクラスですもん」

ξ;゚⊿゚)ξ「うそっ……」

(;'A`)「な、え、うそ……あの……」

(;'A`)「……し、失礼しました!」

 くるりと背を向けて、扉を閉めかけた。
 そう、閉めかけた。

 閉められなかったのは、ペニちゃんが扉を抑えてたからだった。

('、`*川「なーんでアタシを見て逃げんのよ、ムカつく」

(;'A`)「ち、ちが」

('、`*川「違わないでしょ。さっさと入りなさいよ、ホラ」

(;'A`)「い、いや、だから」

('、`#川「ウザい! 早く入れ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょっ……!!」

 肩を掴んで、ひょいっと室内に引きずりこむペニちゃん。
 ……女の子にあんな軽々引っ張られるなんて……確かに痩身だけど……。

 観念したように肩を窄めながら、ソファーに腰を降ろす男の子。
 えーっと……ドクオくんだっけ?

 シューちゃんが淹れてくれたお茶を、ちょびちょび啜りながら、ドクオくんは伏し目がちにこっちを見る。
 うーん……思春期特有の照れ、みたいなのがある気がするなぁ……。


その4へ



【2008/08/19 23:07】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
ドッくんきたあああ


名無しさん
ほのぼのの中のwktkが堪らんね

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ドッくんきたあああ
2008/08/20(Wed) 05:59 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
ほのぼのの中のwktkが堪らんね
2008/08/20(Wed) 18:46 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。