◆azwd/t2EpEによる雑記です。 自由気ままに書いてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)「クラスでは、いつも四人で固まってるんですけど……僕以外の三人には、彼女がいて……」

('A`)「……僕だけ、彼女がいなくて……でも、居ないって言ったらバカにされるから……」

('A`)「……つい、俺も彼女いるんだ……ってウソを……」

('、`;川「は? バカじゃん。そんなウソに何の意味があんの?」

(;'A`)「い、意味はないけど……でも、なんか言えなくて……」

('、`*川「何それ。彼女いないことってそんなに恥ずかしい?
     アタシは彼氏いなかったら居ないって堂々宣言してるけどね」

('A`)「……それは、誰かと付き合ったことあるからだよ……経験ないと言いにくいもんで……」

('、`*川「ふぅん。アタシは付き合ったことないときでも普通に言ってたけど」

(;'A`)「……そ、それは中学んときの話でしょ……?
    高校生にもなって付き合ったことないのが恥ずかしいんだって……」

('、`*川「別に、そんなのいっぱいいるじゃん。アンタだけじゃないじゃん」

(;'A`)「で、でも、周りの三人はみんな彼女いるし……」

('、`*川「ってかあの三人、彼女いるんだ……知らなかった。なんかウザそー」

(;'A`)「毎日、彼女自慢されて……最初は笑ってたけど、段々辛くなってきて……。
    次第にバカにされるようになって……だから、つい、この前彼女ができたって言っちゃって……」

('、`*川「まぁ、そりゃバカなアイツらも悪いんだろうけど……でもねぇ」

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょ、ちょっと待って」

 なんか、私を置いてけぼりにして、あーでもないこーでもないと言い合ってるけど……。
 依頼を受けるのは私なんだから、放置しないで……。

ξ゚⊿゚)ξ「それで、何にお困りなんですか? 嘘がバレそう、とか……?」

('A`)「……はい、そうです……」

('、`*川「あちゃー」

(;'A`)「土日にデートするんだって言っちゃって……そしたら、どんな彼女か見にいくとか言いだして……」

('、`*川「キャンセルされたって言えば? あるいは、フラれたとか」

(;'A`)「そ、そんなのすぐ嘘だってバレる……」

ξ;゚⊿゚)ξ「どんな嘘であれ、発覚するとマズイ……ということですか」

('、`*川「謝っちゃいなよ、もう。それが手っ取り早い」

(;'A`)「……それでアイツらが離れてったら、と思うと……怖い……」

('、`*川「アンタのせいじゃん」

(;'A`)「わ、分かってるよ。だから、こうして何とかしようと、ここに……」

ξ゚⊿゚)ξ「え? "何とかしようと"……?」

('A`)「……土日だけでいいんです……彼女がいる、ってことをアイツらに示せれば……」

 ……私の直感によりますと……。
 なんだか、とっても恥ずかしい依頼に、なるような……。

 そんな気がする……。

('A`)「何でも屋さん! お願いします! 今週の土日だけ、僕の彼女になってください!」

ξ; ⊿ )ξ(や、やっぱり――――!!)







  ≪ 第2話 ~ 三年ぶりの制服と私 ~ ≫









その6へ




追記を閉じる▲
('A`)「クラスでは、いつも四人で固まってるんですけど……僕以外の三人には、彼女がいて……」

('A`)「……僕だけ、彼女がいなくて……でも、居ないって言ったらバカにされるから……」

('A`)「……つい、俺も彼女いるんだ……ってウソを……」

('、`;川「は? バカじゃん。そんなウソに何の意味があんの?」

(;'A`)「い、意味はないけど……でも、なんか言えなくて……」

('、`*川「何それ。彼女いないことってそんなに恥ずかしい?
     アタシは彼氏いなかったら居ないって堂々宣言してるけどね」

('A`)「……それは、誰かと付き合ったことあるからだよ……経験ないと言いにくいもんで……」

('、`*川「ふぅん。アタシは付き合ったことないときでも普通に言ってたけど」

(;'A`)「……そ、それは中学んときの話でしょ……?
    高校生にもなって付き合ったことないのが恥ずかしいんだって……」

('、`*川「別に、そんなのいっぱいいるじゃん。アンタだけじゃないじゃん」

(;'A`)「で、でも、周りの三人はみんな彼女いるし……」

('、`*川「ってかあの三人、彼女いるんだ……知らなかった。なんかウザそー」

(;'A`)「毎日、彼女自慢されて……最初は笑ってたけど、段々辛くなってきて……。
    次第にバカにされるようになって……だから、つい、この前彼女ができたって言っちゃって……」

('、`*川「まぁ、そりゃバカなアイツらも悪いんだろうけど……でもねぇ」

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょ、ちょっと待って」

 なんか、私を置いてけぼりにして、あーでもないこーでもないと言い合ってるけど……。
 依頼を受けるのは私なんだから、放置しないで……。

ξ゚⊿゚)ξ「それで、何にお困りなんですか? 嘘がバレそう、とか……?」

('A`)「……はい、そうです……」

('、`*川「あちゃー」

(;'A`)「土日にデートするんだって言っちゃって……そしたら、どんな彼女か見にいくとか言いだして……」

('、`*川「キャンセルされたって言えば? あるいは、フラれたとか」

(;'A`)「そ、そんなのすぐ嘘だってバレる……」

ξ;゚⊿゚)ξ「どんな嘘であれ、発覚するとマズイ……ということですか」

('、`*川「謝っちゃいなよ、もう。それが手っ取り早い」

(;'A`)「……それでアイツらが離れてったら、と思うと……怖い……」

('、`*川「アンタのせいじゃん」

(;'A`)「わ、分かってるよ。だから、こうして何とかしようと、ここに……」

ξ゚⊿゚)ξ「え? "何とかしようと"……?」

('A`)「……土日だけでいいんです……彼女がいる、ってことをアイツらに示せれば……」

 ……私の直感によりますと……。
 なんだか、とっても恥ずかしい依頼に、なるような……。

 そんな気がする……。

('A`)「何でも屋さん! お願いします! 今週の土日だけ、僕の彼女になってください!」

ξ; ⊿ )ξ(や、やっぱり――――!!)







  ≪ 第2話 ~ 三年ぶりの制服と私 ~ ≫









その6へ



【2008/08/21 22:35】 | 何でも屋
トラックバック(0) |


名無しさん
ツンかわいいなwww


蒸発した名無し
これはペニちゃんが割ってはいる予感

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ツンかわいいなwww
2008/08/22(Fri) 14:52 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
これはペニちゃんが割ってはいる予感
2008/08/22(Fri) 20:19 | URL  | 蒸発した名無し #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。